南国うまうま日記

バリ島ウブドに住むもんぶぅがお届けするバリ島最新情報ブログです。



バリ島デンパサール空港からの徒歩脱出方法と公共バス(トランス・サルバギタ)利用方法

バリ島デンパサール空港からの徒歩脱出法

 

バリ島に一度でも来たことがる方ならわかると思いますが、バリ島の空港(デンパサール空港、別名ングラライ空港)から街への移動方法がとても制限されています。

 ホテルや旅行会社の送迎を使うか、エアポートタクシーとなります。

しかし、このエアポートタクシーの評判が悪い!
態度は悪いし、平気でぼったくる。
利権の関係で評判のいいブルーバードタクシーやオンラインタクシー(Grab Taxi)は空港でお客さんを拾えないことになっています。

では、どうするかというと、徒歩で空港を出て、敷地外でブルーバードタクシーやオンラインタクシーを拾うのがおススメです。

 

この記事では、徒歩でデンパサール空港を脱出する方法と、ローカル向けの公共バス・トランスサルバギータについて紹介いたします。

なるべくお金をかけずにバリ島を楽しみたいという方のお役に立てたら幸いです。

(本記事は2016年2月21日に投稿し2018年7月17日に加筆修正しました)

 

<目次>

 

 

徒歩で空港から出る方法

最初に徒歩で空港から出る方法です。パッと見には、車の流れる方向に歩いていけば、料金所ゲートを通って外に出られると思われますが、これが結構距離があるのです。

で、最短距離で空港から出る方法を教えます。

 

1.税関を抜けてミーティングポイントへ

f:id:monbuu01:20160221135754j:plain

税関を抜けて外に出るとミーティングポイントです。柵の向こうにホテルのドライバー、旅行会社のガイド、頼んでおいたカーチャーターなどが、名前の書かれたボードをもってお客さんを探しています。
しかし、外に出るには邪魔な柵があります。柵に添って左手に歩いていきましょう。

 

2.バリ島様式の門を探そう

f:id:monbuu01:20160221135942j:plain

先ほどガイドさんたちがいたミーティングポイントの向こう側に、インフォメーションカウンターがあり、さらにその向こう側には写真のようなバリ島様式の門があります。

大変目立つ門ですので、ここで迷子になることはないと思いますが、とにかく、空港出口からまっすぐに行ったところにある門です。

なお、途中にはタクシーのドライバーがひつこく声をかけてきますが、ぼったくりタクシーばかりですので、一切無視してください

 

3.門をくぐってまっすぐに歩こう

f:id:monbuu01:20160221140025j:plain

門をくぐった先は車寄せになっています。

そして、嫌でも目に付く看板がありますが、これは次の項目で説明します。

とにかく、門をくぐったらまっすぐ歩いていきます。

 

4.駐車場を抜けて歩いていこう

空港駐車場の写真

  車寄せを通り過ぎると横断歩道があり、その先は立体駐車場になっています。
車に注意して横断歩道を渡り、駐車場をまっすぐに歩いていきます。

 

空港駐車場の中の写真

駐車場の中の横断歩道もわたり、ひたすらまっすぐ歩いていきます。

 

駐車場を抜けたところの写真

立体駐車場を抜けると、屋根付きの遊歩道が現れますので、ここもまっすぐ歩いていきます。

 

道路を横断する横断歩道

遊歩道の先には横断歩道があります。
車の往来が激しいですが、注意して渡りましょう。

横断歩道を渡ったら、今度は道路沿いに左に歩いていきます。

 

道路沿いの遊歩道

道路沿いに遊歩道がありますので、そこをまっすぐに歩いていきます。
右手には、空港の敷地を区切るフェンスが続いています。

 

敷地外に出るゲート

100m程度歩いていくと、敷地外に出るゲートがあります。
ここから空港の敷地外に出ることができます。

ゲートは道路に面していますが、この道は車両通行止めになっていましたので、ここで待っていてもタクシーは通りません。
ゲートを出て、右手に200mほど歩いていくと、車の往来がある道路に出ますので、そこまで行ってタクシーなどを探すといいでしょう。

 

バイク置き場横の遊歩道

横断歩道を渡ると、また屋根付きの遊歩道があります。
この遊歩道の左手は最近できたバイク置き場になります。

 

バイクの立体駐車場

遊歩道を進んでいくと、バイクの立体駐車場にぶつかります。
駐車場の前の道は、あまり車の往来はありませんが、バイクタクシーの客引きがいます。

 

公共バス・サルバギータを使ってみよう

バリ島には昔からベモという乗り合いタクシーがバス代わりにありましたが、汚い、遅い、ぼったくるの3拍子揃った使いづらい乗り物です。

2014年から市民の足になるべく州政府が導入した公共バスがトランス・サルバギータ(Trans Sarbagita)です。ただし、ルートは少ないし空港乗り入れしていなかったので旅行者はあまり使う事がありませんでした。

そんなサルバギータが2015年より空港に乗り入れしたのです。

1.サルバギータの乗り場

f:id:monbuu01:20160221140025j:plain

先ほど説明した、ミーティングポイントの先にあるバリ島様式の門。そこをくぐるとなんか左に行けという矢印が

 

f:id:monbuu01:20160221140140j:plain

これが、公共バス・トランス・サルバギータのバス停案内板なのです

 

f:id:monbuu01:20160221140205j:plain

案内板い沿って歩いていくと、はいここがサルバギータのバスストップです。

ここで待っているとサルバギータが(いつかは)来ます

 

f:id:monbuu01:20160221142705j:plain

はい(やっと)来ました。日本の日野マークもまぶしいトランスサルバギータです。なかは綺麗でエアコン完備です。

 

2.サルバギータの路線はどうなっているんだろう

バスが来たからさっそく乗って・・・って慌てなさんなって

バスには路線ルートがあるので適当に乗るととんでもないところに連れていかれます。

2016年現在空港に乗り入れているバスの路線は

  • ヌサドゥア行き
  • バトゥブラン行き
  • ジンバラン行き
  • ムングゥイ行き
  • タバナン行き
  • マヘンドラダタ大学行き

と6本になります。自分の目的地に最適な路線を選ばなくてはいけませんが、なんと恐ろしいことに路線図がない!!!

だから、どこ行きのバスに乗ったらいいのか、わからない!
途中のバス停には路線図が貼ってあるとドライバーは言うけど、ヌサドゥア~バトゥブランラインしかちゃんとした路線図はないらしい。

 

3.じゃあ、どのバスに乗ったらいいんだろう?

このサルバギータは観光客向けではなく一般市民向けなのであまり観光地は通らないようです。(観光客はタクシーに乗れ!だそうです)

ただ、調べたところこんな感じで使えそうです。

ヌサドゥアのホテルに行く場合
ヌサドゥア行きに乗ってください。っていうか、ヌサドゥアのホテルに泊まる人はこんなバス使わんわな

サヌールに行く場合
バトゥブラン行きに乗りましょう。バイパスを走っていきますから、途中サヌールエリアを通ります

ウブドに行く場合
これもバトゥブラン行きに乗ります。ただし、現在はバトゥブランまでしか行きませんので、そこから先は自力で頑張ってください。

・クタ・スミニャックに行く場合
これは・・・路線がない!
バトゥブラン~ヌサドゥアラインの途中にセントラルパーキング・クタというターミナルがあります。ここがクタエリアに一番近いバス停なので、ここで下車して歩くかタクシーを捕まえましょう。

・チャングーに行く場合
チャングーやクロボカン、ウマラス方面にはまったくいかないそうです。
タバナン行きがあるからチャングーもどうか?と思ったら、山寄のルートを通るのでチャングーにはまったくいかないそうです。タバナンのバス停まで行ってタクシーで戻るか、セントラルパーキング・クタからタクシーでしょうか

 

とにかく、路線図がないんでどこ行きに乗ったらいいかさっぱりわからないのが難点です。ただ、空港バス停にはサルバギータのスタッフがいるので、どこに行くには何に乗ったらいいのか聞いてみましょう。ただ、ある程度バリ島の地理がわかっていないと、うまく聞けないと思います。
あ、インドネシア語必須ですよ

 

4.その他注意事項

とにかく待たされます。時刻表もないので、いつ来るかさっぱりわかりません。

時間に余裕がないと使えません。

あと、料金は1路線Rp3,500です。約30円。これは安いです。

あと、大きな荷物を持っていると二人分の料金を取られることがあるそうです。と言ってもRp7,000ですけどね。

 

空港から街へのルートは以上ですが、逆に空港に来るルートはどうなっているんでしょう?サルバギータのドライバーに聞いたら、各路線空港に来る便はあるんですが、全部が全部空港に立ち寄るかどうかは限らないそうです。通過するだけの便もあるので、乗車時に空港で降りれるかどうか、しっかり確認しましょう。

 

まとめ

なるべくお金をかけずに空港を脱出する方法

  • 徒歩で脱出して、空港敷地外でブルーバードタクシーを拾う
  • 公共バスを使う(ただし、いつ来るかわからない)

と2つの方法をご案内しました。

とにかく安くという方は公共バスがいいのですが、いつ来るかわからないというリスクはあります。

まぁ、そこまで安くなくても、という方は、徒歩で空港を出て、メータータクシーを拾ってください。

では、よい旅を!