南国うまうま日記

バリ島ウブドに住むもんぶぅがお届けするバリ島最新情報ブログです。



WooCommerceおすすめプラグイン~実際ボクが使っているもの

WooCommerceで実際に使っているおすすめプラグインを紹介します

WordPressを使ったECサイト構築システムWooCommerce

とても便利なシステムですが、その最大の特徴は無料で使えるという事。
そして、豊富なプラグインがあるという事です。

ECサイトを作る場合、どうしてもお店により細かな仕様があります。
その仕様に合わせるために、ソフトやシステムを改造する必要があり、ECサイトそのものは安かったけど、仕様合わせの改造で結構お金がかかってしまった、なんてこともあります。

しかし、WooCommerceはオープンソフトのため、世界中のユーザーが便利なプラグインを多数公開してくれています。
しかも、ほとんどが無料で使えるのです。

このプラグイン、とても便利なのですが、とにかく種類が多い。
しかも、基本英語なので、Woocommrec初心者は何を選んでいいのかわからないかと思います。

そこで、今回はボクが実際にチョイスしたプラグインをご紹介します。
皆さんの使用に合うもの、合わないものがあるかとは思いますが、WooCommerceでのECサイト構築にお役に立てれば幸いです。

ちなみに、WooComerceってホントにいいの?な~んて思っている方はこちらをご覧ください。
>>僕たちがWooCommerce導入を決めた3つの理由

 

<目次>

基本的なプラグイン

まずはこれは入れておけっていう、基本的なプラグインを紹介します。

WooCommerce

最初にWordPressにWooCommerceのプラグインを入れます。
これがなくては始まりません。

WooCommerce For Japan

WooCommerceはすべて英語表記になっています。
英語がわかる人はいいのですが、カートなどお客様とのインターフェースも英語になってしまいますので、このプラグインを入れて日本語化しましょう。

また、郵便振り込みや住所(県名)など日本の事情に合わせた設定もできるようになります。
日本向けのECサイトを作る場合、必須のプラグインですね。

Site Guard WP Plugin

ハッカーたちからサイト(WordPress)を守るためのプラグインです。
WooCommerceはカード情報などは持っていませんが、お客様の住所、氏名、メールアドレスなど個人情報を自分で管理しなくてはいけません。
ですので、このプラグインを入れて、情報流出を防ぎましょう。

なお、ログインに画像認証を入れると、お客様がログインできなくなります。
これは、WooCommerceのユーザーログインが画像認証に対応していないからのようです。
画像認証は外しておきましょう。

DBManager

お客様情報や注文情報、商品情報などはすべてデータベースで管理していますが、万一このデータベースがクラッシュしたら・・・

恐ろしいことですね。

それに備えるために、このプラグインでデータベースのバックアップを取っておきましょう。
タイマーによる自動バックアップやバックアップデーターをメール転送する機能もあっておススメです。

 

仕様に合わせて入れたプラグイン

ボクが管理するECサイトの使用に合わせて入れたプラグインです。
もし、仕様に合っていたら、使ってやってください。

Advance Custom Fields

Wordpressのカスタムフィールドを作るプラグインです。

商品データーに、商品の仕入れ先や原価などのカスタムデーターを入れたかったのでこのプラグインを追加しました

Advance Custom Fields:Table field

カスタムフィールドをテーブル形式で使うためのプラグインです。

商品データーのカスタムフィールドで、商品の仕入れ実績を表形式で管理するために入れました。

Show ID for Post/Page/Category/tag/Comment

WooCommerceで扱う注文データーや商品データーなど各種データーはWordpressのポストデーターです。
このプラグインはそれらポストIDを拭応じさせるプラグインで、特に商品データーを管理するのに使いました。

Woo Checkout Field Editor Pro

WooCommerceカートのお支払い画面(お客様の情報や支払い方法などを入力する画面)に追加のフィールドを設置するプラグインです。

ボクの管理するECサイトではお客様に年齢や指向などをお聞きしているので、そのためのアンケートを追加するために入れました。

Woo Commerce Emails

お客様あてに送るメールを自動生成するプラグインです。

WooCommerceには、標準でメールテンプレートがありますが、そのテンプレートでは対応しきれなかった部分がありましたので、このプラグインを入れました。

WooCommerce Order Export and More

WooCommercの注文データーをエクスポートするプラグインです。
指定した期間や内容でデーターをCSV形式で出力してくれます。

WooCommerceには標準で売上高などを集計してくれる機能がありますが、もっと細かく売り上げ分析をしたかったので、このプラグインでデーターを取り出すようにしました。

WooCommerce Stripe ゲートウェイ

クレジットカード支払いに対応するためのプラグインです。

現在のECサイトにおいて決済方式にクレジットカードは必須です。
WooCommerceには、多くのカード決済会社に対応するためのプラグインがあり、ボクたちはStripeという決済システムを選びました。

第二候補としてPaypalも考えたのですが、経費(決済手数料)でStripeにしました。

WooCommerce Weight Based Shipping

商品の合計重量によって送料を計算するプラグインです。

WooCommerce For Japanを導入すると日本国内の発送先に対応した送料を自動計算するシステムがついてきます。
ところが、ボクが管理するECサイトは商品重量によって送料計算をするので、このプラグインを入れました。

WooCommerce Points and Rewards

ポイントサービスをするためのプラグインです。

購入金額によるポイント付加と保有ポイント使用による値引きができます。

今回の記事で紹介しているプラグインはすべて無料なのですが、このプラグインだけは有料となります。
というのも、ポイント計算をする無料プラグインもあったのですが、そのプラグインはポイント使用時に保有ポイント全部が消費されるため、こちらのプラグインにしました。

このプラグインだと、使用するポイント数をお客様が指定することができます。

 

一時的に使用したプラグイン

管理しているECサイトは、まったく新しいサイトではなく、以前、市販のカートを使っていたサイトでした。
そのため、旧カートにあるお客様情報や商品情報、注文データなどをWooCommerceに引っ越さなくてはいけませんでした。

以下に紹介するプラグインはデーター引っ越しのためのプラグインで、WooCommerce稼働後は使用しておりません。

Members Import

お客様データをインポートするプラグインです。

お客様が設定したパスワードもそのままインポートできるので便利でした。

Order/Coupon/Subscription Export Import Plugin for WooCommerce

注文情報をインポートできるプラグインです。

WooCommerceの注文情報エクスポートもできるのですが、ちょっと使いずらいので、インポート機能のみ使用しました。

 

まとめ

今回はボクがWooCommerceを使うにあたり導入したプラグインを紹介しました。

1つを除いてすべて無料プラグインですので、WordPress,WooCommerceを含め導入費用がとても安く上がりました。

またWordPress,WooCommerceをはじめこれらプラグインも定期的にバージョンアップされます。
バグの修正やセキュリティ強化が主な目的ですので、面倒がらずにアップデートは確実に行うようにしてください。