バリ島空港タクシーを格安で使う方法【2019年最新情報】




バリ島空港タクシーを格安で使う方法

旅行会社のツアーなどでバリ島に行かれる方は、バリ島到着後、空港からホテルまでは、ツアーの送迎サービスやカーチャーターなどで楽々と移動できます。
しかし、個人手配旅行の方は、自力でホテルまでの移動をしなくてはいけません。

空港から市内ホテルに移動する方法で最もポピュラーなものは空港タクシーの利用です。
専用のカウンターで行き先を告げれば、ちゃんとその場所まで連れて行ってくれる便利なサービスです。

しかし、
空港タクシーは高いんじゃないかな?
ボッタクリや料金トラブルがよくあると聞いている
なんて不安に思われている方も多いでしょう。

確かに、空港タクシーは一般のメータータクシーより高く、また料金トラブルが発生することもあります。
しかし、ちょっとした事で安く安全に空港タクシーが使える方法があるのです。

今回は格安で安心して空港タクシーを使う方法をお教えいたします。

これを実践すればバリ島旅行のスタートを気持ちよく切ることができるでしょう。

スポンサーリンク







バリ島の空港タクシー正規料金

まずは、空港タクシーのカウンターの場所と正規料金を知っていただこうと思います。

空港タクシーのカウンターの場所

バリ島の空港(ングラライ国際空港)に到着し、入国審査や税関検査を抜けると、写真の到着ロビーに出ます。
旅行者のツアーやカーチャーターを頼んだ方は、ここでお迎えのドライバーなどと合流します。
しかし、空港タクシーを使う方は、このまままっすぐ歩いてください。

目指すは、この到着ロビー出口の赤いレンガつくりのゲートです。
このゲートを抜けて、駐車場に向かいます。

門を抜けると、写真のように水色のシャツを着たドライバーたちが沢山います。
ちょっとビビるかもしれませんが、彼らは正規の空港タクシードライバーです。

ドライバーたちのいる先にこのカウンターがあります。
ここが正規空港タクシーのカウンターです。
ここで、行き先ホテルを言って、ドライバーを呼んでもらいます。

空港タクシーの料金

さて、空港タクシーの料金ですが、これは行き先エリアによって決まっています。
道路が渋滞しようが、時間がかかろうが、料金は一定で前払い制ですので、安心ですね。

こちらが、料金表になります。
行き先エリアをゾーンごとに分けて料金を決めています。

観光客が泊まるホテルが多いエリアの料金を紹介しましょう。( )内の料金は概算です。(2019年2月現在の料金です。年末年始などの繁忙期は料金が上がることがあります)

  • トゥバンエリア Rp100,000(800円)
  • クタ・ジンバランエリア Rp120,000(1,000円)
  • レギャン・スミニャックエリア Rp150,000(1,250円)
  • クロボカン、サヌールエリア Rp175,000(1,500円)
  • チャングー、ヌサドゥア Rp300,000(2,500円)
  • ウブドエリア Rp350,000(3,000円)
  • テガララン・パヤンガン Rp450,000(3,800円)

どうでしょうか?
普通のメータータクシーと比べたら、ちょっと高いですね。
特に、クタ、スミニャックと言った近距離は30~40%程度高いと思います。

しかし、空港の到着フロアーのすぐ横から出発しますので、大きな荷物があったり、お子様連れの方は、空港タクシーを使われるのが一番安心かと思いますよ。

 空港タクシーを安く使う方法

さぁ、それではこの空港タクシーを安く使う方法をお教えいたしましょう。

この空港タクシーは、行き先エリアごとの定額制の他に、メーター料金で使うこともできるのです。

メーター料金はこちら!

初乗り運賃がRp7,000(60円)
1KmごとにRp6,500(55円)
この料金は、街中を走るメータータクシーと同じなのです。

では、どうやってメーター料金で行ってもらうか?
カウンターで「メーター料金で行ってくれ」というだけです

簡単ですよね?

なら、なぜみんなメーター料金で行かないのか?
はい、理由はメーター料金で行くドライバーが少ないからです。

お客さんがメーター料金利用を指定したら、カウンターの係員がメーター料金で行ってくれるドライバーを探すのですが、なかなか見つからないのですよ。
定額料金の方が30%程度高いのですから、行きたがらないですよね。

ただし、粘って探せば、行ってくれるドライバーが見つかります。
特に、到着客が少ないお昼前後なら、見つかりやすいです。

安く空港タクシーを利用したければ、まずは粘る!そしてあきらめない、折れない強い心を持つことです!

こちらは私が空港タクシーをメーター料金で使ったときの動画です。
雰囲気がわかっていただけると思います。


バリ島・エアポートタクシーでスミニャックまで行くといくらかかる?/I went to Seminyak by Airport Taxi(Bali)

歩いて空港の外に出てタクシーを探す

メーター料金で空港タクシーを使うには、1点落とし穴があります。
それは、「Minimam Payment Rp90,000
これは、最低料金がRp90,000ということで、どんなに近くてもRp90,000の料金がかかってしまうということです。

ってことは、クタやトゥバン、スミニャックと言った近距離だと、安く行けないのです。

また、メーター料金で行ってくれるドライバーが見つからないこともあります。

そんな時は歩いて空港の外に出てタクシーを探しましょう

とはいえ、空港には出口への案内板がありません。
以下に写真を使って外に出る道順を案内します。

まず、先ほどの空港タクシーのカウンターからスタートです。
カウンターを右手に見て、まっすぐ歩いていきます。

横断歩道を渡ると、立体駐車場の中に入ります。
車に気を付けながらまっすぐ歩いていきます。

立体駐車場を抜けると、遊歩道がありますので、道に沿ってまっすぐに歩いていきます。

歩いていくとまた遊歩道に突き当たりますので、ここを左に折れます。

しばらく歩くと、フェンスが切れた出口ゲートがあります。
ここから外に出られますが、この道路は空港の駐車場から出てくる車しかいないので、タクシーはなかなか拾えません。

道路を渡ったこの歩道をさらに歩いていきます。

歩道を歩いていくと、バイクの駐輪場がありますので、ここまで出てくればタクシーが拾えます。
ちなみに、この駐輪場の横に細い道があり、そこを進んでいくとクタのカルティカプラザ通りに出られます。
カルティカプラザ通り周辺に泊まられる方は、ホテルまで歩いていてもいいかと思います。

さて、ここでタクシーを拾うのですが、なかなかタクシーは来ないのです。
特に、時間帯によってはタクシーが通らないので、夜間到着の場合は、少々高くても空港タクシーを利用した方が確実だと思います。

実際に空港の到着ロビーから徒歩で空港外に出てタクシーを拾った動画がありますので、こちらも確認してみてください。


タクシーで空港からスミニャックまでいくら?(English Subtitles)How much go to Seminyak from airport by a taxi

Grab Taxiを使う

安くタクシーを使う方法として、最近はやりのオンラインタクシーを使うのもいいでしょう。

以前は、バリ島にもUbar(ウバー)がありましたが、東南アジアエリアから撤退してしまったので、現在はGrab Taxiのみとなります。
最近まで、Grab Taxiなどのオンラインタクシーは空港乗り入れができないと言われていましたが、最近は普通に空港から呼ぶことができます。
ただし、空港タクシーなどとのトラブルを避けるため、立体駐車場の中とかで乗車するよう指示されることがあります。

Grab Taxiはメータータクシーに比べ10-20%程度安く、便利なのですが、次のようなデメリットもあります。

  • 専用アプリをダウンロードしなくてはいけない
  • ネットが使える環境とスマホが必要
  • 乗車場所などを打ち合わせるための英会話力が必要

海外旅行に慣れていない方にはちょっと難しいかもしれませんが、格安で使えるタクシーですので機会があればぜひトライしてみてください。

実際に空港でGrab Taxiを呼んで乗った時の様子を動画にまとめてありますので、こちらもご覧ください。


グラブタクシーで空港からスミニャックに行ってみた/I went to Seminyak from airport by Crab Taxi

【注意】声をかけてくるドライバーにはついていかないで

空港の到着フロアーには、観光客に声をかけてくるドライバーが沢山います。
特に、夕方5時以降には、どこから出てきたのかドライバーたちが一斉に客引きを始めます。
しつこい客引きで、中にはお客の荷物を勝手に持っていこうとする輩もいます。

この客引きドライバー、ほぼ全員、無許可のモグリドライバーです。

ただ、彼らは自分たちのことを正規の空港タクシーと言います。
胸にぶら下げた名札を見せるものもいますが、100%偽物です。
彼らのために、空港タクシーはかなり評判を落としています。

このモグリタクシーですが、お客さんから行き先を聞き出し、そこならいくらで行くとセールスを始めますが、この料金がびっくりするほど高いです。

例えば、空港タクシーではスミニャックまでRp150,000ですが、平気でRp300,000と言ってきます。
事情を知らない、通貨単位にも慣れていない観光客を欺き、法外な料金を吹っかけてきます。

運賃相場がわかっていて、ちゃんと交渉できる会話能力があればいいのですが、そうでない方は相手にしないで、先ほど紹介した空港タクシーのカウンターに向かってください。

また、交渉ができたからと言っても、出発後、なんだかんだと理由をつけて追加料金を取ろうとしますので、甘い言葉に乗らないで、きっぱりと断るようにしてください。

デンパサール空港の正規空港タクシーは到着ロビーの外にあるタクシーカウンターだけです。
それ以外はすべてモグリの偽空港タクシーと思っていてください。

まとめ

長くなりましたので、簡単に今回のお話をまとめます。

  • バリ島の空港タクシーは到着フロアー外の専用カウンターで申し込みます
  • 空港タクシー料金は通常より高いですが、空港内から出発できるので便利です
  • 空港タクシーは格安のメーター料金でも行ってくれるのでカウンターでメーター料金で行くドライバーを見つけてもらいましょう
  • メーターで行くドライバーが見つからなければ歩いて空港の外に出てタクシーを拾うのもよい方法です
  • ネット環境があり英会話も可能であればオンラインタクシーのGrab Taxiを使ってもいいでしょう。
  • 到着フロアーで客引きをしているドライバーは偽の空港タクシーですので、相手にしないように

では、この方法で空港タクシーを格安で使って、楽しいバリ島の足袋をお楽しみください

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. Jalan2 より:

    空港からアプリでGrab Taxi呼ぶと、ふつうにピックアップしてくれますが、これってホントはいけないことなんでしょうか?

  2. Jalan2 より:

    ムングゥイ行きですが、サンセットからラヤクロボカン、セメール、ラヤチャングーを抜けて走っていますけど。また、空港を通らない路線の乗り継ぎも可能ですよ。
    https://tantristory.files.wordpress.com/2011/09/10-trayek1.jpg

  3. とりいただし より:

    Jalan2さん、コメントありがとうございます。
    空港内でのお客さんのピックアップは、空港の取り決めて認可されたタクシー会社しか許可されていません。ただし、これは事前予約などのないフリーのお客さん。
    カーチャーターやホテルの送迎のように、お客さんが事前に予約や依頼をした場合依ついては、ピックアップは可能となっています。
    そのような理由からUberやGrab Taxがお客さんをピックアップするのは違法ではないと思います。Webサイトを使って予約をしているという事ですからね。
    また、ブルーバードタクシーも配車アプリがありそれを使えば空港にタクシーを呼ぶことができるそうです(まだ、実際に空港にブルーバードを呼んだという話は聞いていないので真偽はわかりませんが)
    サルバギータの路線マップありがとうございます。これを見るとムングイ息がチャングーを通りますね。
    このような路線図がちゃんとサルバギータから出てくれるといいんですが、空港にいたサルバギータのスタッフに聞いたら、まだ路線が最終的に決まっていないので出せないという事でした。
    今はWebサイトもあるのだから、暫定でもいいからとっとと出して、変更されたら規定すればいいのにと思ってしまいます。

  4. Jalan2 より:

    もんぶうさん、解説ありがとうございます。南部にはUberやGrab Taxのピックアップを勝手に禁止するローカルタクシーが立てた看板をいたるところで目にするようになりました。でもUberとかである表示は車にはないので、組織ごと摘発しないと無意味に思いますが、ウブドなんかそもそもメータータクシーが走っていないので、固定電話を飛び越えて携帯が普及するみたいな、ありがたいサービスですね。
    サルバギータですが、バスはたまにクロボカン界隈で見かけるのですが、あのやたら高い位置にある停留所が未だ発見できません。空港からとりあえず乗ってみるしかないでしょうか。サルバギータは観光客や外人の乗り物じゃない!という無言の空気を感じますが、クラクラバスが空港乗り入れできれば、気楽に使えるかもしれません(多分その前に潰れると思いますが)。

  5. とりいただし より:

    Jalan2さん
    ウブドでも、Uber,Grab Taxお断りの看板を目にしました。タクシーやトランスポーターにとって、Uber達は脅威でしょうが、ただ禁止するのではなく、共存共栄の道を考えてもらいたいものです。
    外国人を中心にUberなどの利用率は上がってきているようです。この流れは止められないと感じます。
    サルバギタは、ローカル以外には使いづらいサービスですが、これもツーリストに解放されるようにならなくては、バリ島も発展していかないように感じます。
    クラクラバスは・・・難しいんじゃないでしょうか?JTBさんがどこまで頑張れるか?ですね

  6. dua より:

    こんにちは。
    空港へブルーバードを呼べるかと言う問題ですが、これはちょっと無理そうです。
    空港のブルーバードカウンターで尋ねたのですが、はっきり「出来ない」と言われました。
    空港にはクルーバードカウンターがあり空港からの料金も明示してある以上、メータータクシーが呼べるとなると社内での競争になるというへんてこな話になってしまいます。
    しかしながらそこは当然の如く阿吽の呼吸でブルーバード側から値引き提示があり、ングラライタクシーを使うよりほんのちょっと安く言われました。
    ブルーバードなら降車時にチップを脅し取られたりする事は少ないでしょうから、混んでる時は利用するかもしれません。
    ウブドなどならブルーバードや他のタクシーも呼ぶ事が出来ますから、身元確認がどれだけしっかりしているか分からないUberは怖くて使う気になりません。いまだに女性利用者に対するトラブルは各地でありますから。
    登録車両を他人に貸して稼ごうとする人間も当然出ているでしょう。まだまだインドネシアや東南アジア諸国では怖いです。まあ欧州でだってタクシーはぼったくりますけどね。

  7. とりいただし より:

    duaさん、こんにちは。 やはり、ブルバードタクシーは空港敷地内には呼べないのですね。そうなると徒歩で空港を出るゲートのところに来てもらうしかないのですね。
    >空港のブルーバードカウンター と書かれていますが、空港にブルーバードタクシーのカウンターってありました?もしあるのでしたら、ングラライタクシーではなく、ぜひブルーバードタクシーを使いたいですね。
    >身元確認がどれだけしっかりしているか分からないUberは怖くて使う気になりません。
    Uberを使うというと、必ず身元確認の話が出てきますがメータータクシーも同じと考えています。確かにタクシー会社に入社する際身元照会はするかもしれませんが、事件を起こしたら別の島に逃げちゃえばわからないと考えていますので、バリ島に実家がある運転手以外は信用できないですね。
    ただ、これまで6回ほどUberを使いましたがトラブルは皆無で、どのドライバーも親切でしたよ。 まぁ、私が男だからという事があるかもしれませんが。
    なんにせよ、外国は日本ではありませんので、いろいろなリスクを考えて選択するに越したことはないですね。 Grab Taxiの方が(ちょっと高いけど)Uberよりいいという人もいますからね。

  8. 南川さん より:

    私もあまり興味はなく、上記サイトにて解答時調べてみましたら、ゴールデンバードハイヤーとして、ラウンジまで開いていました。
    https://bluebird-hg.jp/
    が、そうです。日本の企業とのコラボみたいです。まあ最新型イノーバーでラウンジ付きですから、妥当な価格ではあるでしょうが!
    それから、2か月前にブルーバードアプリと通話にて、空港でブルーバード乗りましたよ。国内線だったので、ゴールデンバードのほうは確認できていません。UBAR利用予定だったのですが、なぜかPCのアプリで地図上車が見えず、やっぱ規制かなんて思いましたので、ブルーバードを使いました。その後、現地人にUBARについて聞いたとき、稼働してるよってことで、スマホアプリのほうで見ると、車ありました。
    今日現在オジェックの車版も入れて3社動いています。もっとびっくりしたのはオジェックはマッサージ師まで呼べるみたいです。

  9. とりいただし より:

    南川さん、こんにちは。
    お~、そうですか!
    ゴールデンバードはブルーバードタクシーのハイヤー部門ですね。ゴールデンバードのラウンジがあるとは、知りませんでした。
    それと、ブルーバードアプリを使えば空港からでも乗車できるのですね。なるほどです。
    Uberは、以前私も空港で使おうと思いましたが、どうも空港内に入れないようでした。空港の外に出れば、たくさん走っていましたので、徒歩で空港から出て使ったこともあります。
    Gojekですが、お部屋の掃除サービスもあるそうですよ。皆さん、いろいろ考えているんですね。