バリ島の治安は悪いのか?100%安全ではないけどそれほど悪くはないと思う




バリ島の治安について在住者の感想

バリ島の治安っていいの?悪いの?
時々、ニュースでバリ島の事件を見るけど、大丈夫?
詐欺とかボッタクリとかされたらどうしよう?

バリ島に旅行に来られる方、このような治安の不安を感じるかもしれません。
そんな方にバリ島在住12年目の私の治安に関する考えを話します。

私は男性で大柄な人間ですし、これまで怖い目にあったことがないのは、単にラッキーだったかもしれません。
確かに事件や事故はあり、100%安全とは言えませんが、そんなに悪いとは思えません。

この記事では

  • 治安に関してのバリ島の現状についての私の考え
  • 日本人観光客の治安に対しての私の違和感
  • 治安に対してどう接すればいいのか私の考え

についてお話しします。

治安については、いろいろ難しいところがあり、これで間違いないという事はないと思います。
今回の記事も、あくまで私の主観によるものですから、100%正しいという事はありません。
バリ島に12年間住んでみての感想です。

この記事の内容がバリ島治安を検討する一つの資料、考え方としてとらえていただければ嬉しいです。

注意:この文章は特にバリ島に観光で来られる方に向けて書きました。

スポンサーリンク







治安に関してのバリ島の現状についての私の考え

バリ島の治安について以下の3つの観点から私の考えを述べさせていただきます。

  • テロ事件について
  • 犯罪について
  • 詐欺やボッタクリについて

テロ事件について

バリ島では2002年と2005年に自爆テロがあり多くの方が犠牲になりました。

しかし、それから14年間テロ事件は起こっていません。
未遂事件はありましたが、警察や軍により事前に摘発されています。

ショッピングモールや空港など人が集まるところ、主要な場所では、荷物検査などが徹底されています。
また、中級クラス以上のホテルには必ずセキュリティーがいて、荷物検査などが行われます。
ホテルのゲスト以外の人が入ろうとすると、IDの提示を求められます。

このように、自爆テロ事件以降、セキュリティーに関しては日本以上と思います。

また、テロ事件はいつ、どこで起こってもおかしくありません。
確かに、インドネシアにはイスラム過激グループがいるのは事実です。

しかし、そうかといってバリ島が特別テロに対して危険度が高いとは感じていないのが実際です。

犯罪について

犯罪についても、バリ島が特別多いとは思いません。

スリやひったくりと言った事件は確かにあります。

  • 大金を持ち歩かない
  • 人前でお金を出さない
  • 夜遅くまで出歩かない
  • かばんは体の前で持つ

このような一般的な注意事項を守れば、ほぼ防げることだと思います。
道を歩いていて、いきなり拳銃やナイフを突きつけられて、金品を強奪されたという話は聞いたことがありません。

強盗や空き巣被害も確かにありますが、日常的にどこでも起きているといったわけではありません。

  • セキュリティーがしっかりしたところに泊る
  • 貴重品は金庫の中にしまっておく
  • 高価なものを出しっぱなしにしない

といった、防犯意識をしっかり持てば防げると思います。
旅行者の方は、なるべくセキュリティーがしっかりしたホテルに泊まられることをおススメします。

ケンカや傷害は主に盛り場で起こります。
だいたいがお酒が入って起きる事件でその当事者のほとんどが観光客です。

クラブなどの場所に行くときは周りの人、特に酔っぱらった外国人に十分注意が必要です。
喧嘩などで人だかりができていたら、早めにその場所から離れた方がいいでしょう。
とばっちりで怪我などしたら、本当につまらないですよね。

ボッタクリや詐欺について

バリ島でのボッタクリや詐欺と言ったお金にまつわるトラブルは時々聞きます。

ボッタクリですが、私のイメージするボッタクリはないと思います。

私のイメージするボッタクリとは、新宿などで聞くボッタクリバーです。
3000円ぽっきりと言われてお店に入ったら、10万円請求されたってやつです。

バリ島では、相場より高く物を売ろうとする人はいますが、高いと思ったら買わなければいいだけです。
買いたくないものを、無理やり買わせて高額なお金を請求するといった話は聞いたことがありません。

詐欺の話もよく聞きますが、領事館などから送られてくる安全情報ですでに知らされていることばかりです。
事前にそのような情報を入手しておけば防げたんじゃないかと思います。

バリ島の治安3大要素について以前より詳しい記事を投稿しています。
お時間があればそちらもお読みいただけると、より理解が深まると思います。
バリ島旅行の不安を解消!治安3大要素とその対策をご紹介

日本人観光客の治安に対しての私の違和感

日本からの観光客と接していて、私は治安に対する考え方に違和感を覚えます。

それは

  • バリ島の治安に対して必要以上に怖がっている
  • バリ島の治安に対して警戒心がなさすぎる

という2通りの方がいる事です。

必要以上に怖がっている

一つは、報道に影響されていると思います。

バリ島では、特に日本人が関係した事件があるとすぐに大々的に報道されます。
タイやハワイではあまり報道されないような事件でも、バリ島で発生するとすぐに報道され、それによりバリ島は怖いというイメージが付いているのかと思います。

ただ、逆を返せば普段事件が少ない楽園だからこそ、ちょっとした事でも大事件になるのでしょうか?

もう一つは、海外あるあるですが、言葉やチリなどが判らない不安です。

何かトラブルがあっても、言葉がわからないから、助けを呼べない。
地理が判らないから、どこに逃げていいのかわからない。

こんな事から、必要以上に怖がってしまう事があるのではないでしょうか?

そして、ネガティブな性格もあるかもしれません。

ちょっとしたことでも悪い方にとらえてしまうと、なんでも怖いと思えますよね。

警戒心がなさすぎる

逆に警戒心がなさ過ぎて、見ていて怖いという方もいます。

  • バリ島は楽園でいい人ばかりという変な思い込み
  • 楽しい海外リゾートという事で、注意力が散漫になる
  • 非日常空間ではじけてしまい、普段やらないことをやってしまう

警戒心が異常に強い方もいれば、逆に警戒心がなさ過ぎて、大丈夫かなと思う人もいます。
なかなか、難しいですね。

治安に対してどう接すればいいのか私の考え

最初にも言いましたが、バリ島は100%いい人だけの安全な楽園ではありません。
すごく多いわけではありませんが、事件や事故もある日常空間です。

では、そんなバリ島ではどのように行動していけばいいのか、私の考えを述べさせていただきます。

正しい情報を得る

Webサイトやガイドブック、ブログなどを使って正しい情報を得てください。
FaceBookやTwitterなどのSNSでもいいと思いますが、フェイクニュースも流れていますので注意が必要です。
特に、大きな事件が起きるとフェイクニュースが流れますので、情報の発信元は確認が必要です。

それと、外務省の海外安全情報ですが、その性格上若干タイムラグがあります。

在住者のブログやSNSがリアルタイムで情報が得られると思います。

必要以上怖がらない、安心しない

難しいところですが、私はよく「日本の東京や大阪と言った都会と同じくらい」と言います。

のんびりした田舎ではなく、大きな都会の街に遊びに来たと考えればいいんじゃないかと思います。

よく知った人と行動する

言葉や地理、その土地の文化、風習を理解していないと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

そんな時には、よく知った方と行動するのが一番です。

旅行会社のガイドさん、現地の在住者、ヘビーリピーターなどなど
よくわからない者だけで動くより、その中に一人でもよく知っている人がいれば安全性は何十倍にも大きくなります。

治安に関する話は、本当に難しいです。
その時、場所、人によって安全度、安心度は変わってきますので、一概にこうだとは言えません。

ただ、しっかりと情報を集め、必要以上に怖がらず、安心しすぎず
そのバランスが重要かと思います。

ということで「バリ島の治安は悪いのか?100%安全ではないけどそれほど悪くはないと思う」でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク