オッズホテル・クタ・使いづらいと思ったら実は便利なホテル

スポンサーリンク

オッズホテル・クタ
今回は、クタにあるオッズホテル・クタの紹介です

オッズホテル・クタは、有名なバクンサリホテルの前の路地を入って行ったところにある安いバゼットホテルです。
ただ、ホテルへ行く通りは暗い袋小路の路地で、クタ中心部に出るのも大変で、使いづらいホテルだと思っていました。

しかし、ホテル裏の小道を通るとクタ中心部に続くバクンサリ通りにすぐ出られます。
ブティックが立ち並ぶクタスクエアーまで徒歩5分程度。
そこを通り過ぎればクタビーチ。
もちろん、バクンサリ通りにはお土産屋、スパ、レストランが沢山。
と、すごく便利なホテルだったのです。

オッズホテル・クタ、確かに部屋はちょっと古いですが、最近のホテルに比べ広めで、路地の奥なので静か。
料金以上にお得なホテルでした。

という事で、一発で気に入ってしまった、オッズホテル・クタ、じっくりご紹介します。

このホテルの詳細予約はこちら(Agodaアフリリンク)
>>オッズホテル・クタ

スポンサーリンク

ホテルの立地

オッズホテル・クタは地図を見ればわかるように、クタ中心部・クタスクエアに向かうバクンサリ通りの裏にあります。
通りには面しておらず、車で行くには、ぐるっと回っていかなくてはいけません。

ホテル前の通りは細い路地でGoogle Mapでは、道は細くなっていますが、バクンサリ通りに抜けられるようになっています。
しかし、実際行ってみると路地はホテルの先で通行止めになっており、袋小路でした。
バクンサリ通りに出すのは、ちょっと東側に戻って路地を歩く必要があるかと思われます。

しかし、ホテル内を通り過ぎ、裏口から出ると、ホテルオアシスクタの前の道に出ることができて、あっという間にバクンサリ通りにだれます。
バクンサリ通りに出れば、クタスクエアーまでは徒歩2分。
さらにビーチまでもあっという間です。

地図を見るとすごく不便な場所と思えますが、実は結構便利な場所にあったんですね

ホテルのいい点、悪い点

ホテルのいい点

  • 立地がいいです。クタ中心部まで徒歩3分。さらに近くにはレストランやスパも沢山
  • 意外とお部屋が広いです。最低ランクの部屋でも25㎡ありました。
  • スタッフがとってもフレンドリー
  • 路地の奥で車の通行がないので夜は静か
  • 部屋の広さと便利さから比べると格安の料金

とにかく、クタ中心部まですぐという立地の良さ。
観光、ショッピング、スパ、グルメ、夜遊びとなんにでも使えます。

ホテルの悪い点

  • ちょっと施設が古い。汚くはないのですが古さが目立ちます
  • アメニティのシャンプーがいまいち。泡立ちが悪く、使わない方がいいですよ。
  • NHKプレミアムは映りますがAnimaxは映らない。日曜日の朝の政治討論は見たくない
  • クーラーの効きが悪かった。多分部屋の広さに対し、クーラーの能力不足
  • クローゼット、もう少し広いヤツが欲しいです

う~ん、全体的に古いです。
古いから、部屋も広いってこともありますが、そろそろリノベーションどうでしょうか?
それと、シャワー室の備え付けのシャンプー、何とかしてください。
工業用液体ソープかと思いました。

このホテル、こんな方におススメ

部屋は古いですが、料金は安く、立地も最高。
クタの街を遊びたい、観光もしたい、街歩きもしたい、さらに夜遊びもしたい。
ホテルは、寝るだけで十分。
といった方におススメですね。

具体的に言うと

  • めいっぱい遊びたい学生旅行
  • お買い物に、バリ島のグルメ、そして安いスパを楽しみたいOLさん
  • 観光もしたい、ビーチにもいきたい、もちろん街ブラも楽しみたいというカップル

こんな方におススメですね。

写真を使ってホテルをご紹介

それでは、写真を使ってホテルをじっくりと紹介していきます。

ホテル外観と内部施設

ホテルの表の通り

こちらがホテルの前の道。
街灯もなく夜はちょっと歩くのをためらう細い路地です。
こんな先に、本当にホテルがあるの?なんて思うかも

フロント棟

こちらがホテル正面のレセプション棟
バリらしい藁ぶきでオープンエアーの棟です。
これだけ見ると、あ~バリ島に来た~って思っちゃうんですけどね。

レセプション

こちらがフロント受付。
担当のスタッフがすごくフレンドリーでさわやかでした。

レストラン

フロントの反対側がレストラン。
朝食はここで取ります。

プール

レセプション棟を抜けるとプール。
それほど広くはありませんが、バリ島のホテルにプールはマストでしょうか。

客室

プールを囲むように二階建ての客室棟が建てられています。
赤がポイントで、見るからにモダンですが、よく見ると結構古いですよ。

ホテルからバクンサリ通りへ

裏のセキュリティー事務所

ホテル棟の一角に裏に抜ける出入り口があります。
ちゃんとセキュリティーもあり、防犯には気を使っているようです。

ホテルの裏

裏口を出ると、こんなローカル感のある小道に出ます。
ここを抜けて歩いていきます。

裏の通りに出る通路

この怪しげな通路を抜ければ、広い通りに出れますよ。

ホテルの裏の通り

はい、こちらがバクンサリ通り。
ここをまっすぐに進むとクタスクエアー、そしてビーチに出れます。
バクンサリ通りにはお土産物屋さんや、スパ(マッサージ店)、コンビニ、安いレストランが並びます。

裏の玄関

先ほどの怪しい路地、バクンサリ通り側から見るとこんな看板が。
帰りはこの看板を目印に帰ってきてください。

ルームツアー

では、お部屋の紹介です。

ダブルベット

扉を開けるとドーンと目に入る広いダブルベット。
ベット回りも余裕があり、結構広い部屋です。
もちろん、ツインルームもあります。

ライティングデスク

ベットの足元にはライティングデスクと壁掛けテレビ
テレビはNHKプレミアムは映りますが日本語放送はそれだけです。
インターネットはFree-Wifiがあり、速度もYouTube,LINEを見るには十分の速度が出ています。

あ、冷蔵庫がなかった・・・

ソファー

ベットサイドにはちょっといい感じのソファーがあります。

枕元のスイッチ類

ベットサイドには、天井灯のスイッチと電源コンセント。
コンセント形状はC型といって日本と違いますので、コンセントプラグが必要です。

クローゼット

クローゼットというか、ジャケットなど掛けておくところ。
それほど広くないので、あまり使えないかも?

金庫とサンダル

クローゼットには、サンダルと予備のトイレットペーパー
それと、ナンバー式の金庫がありました。

洗面所

洗面所がバスルームではなく、部屋の中に
そしてこのデザイン
古さを感じますね

アメニティと無料の水

ライティングデスクに、無料のミネラルウォーター2本とアメニティ
水は毎日補充してくれるという事です。

アメニティセット

アメニティを広げてみました。
サニタリーバック、シャワーキャップ、綿棒、歯磨きセットが2人分ありました。
まぁ、これだけあれば合格ですね。

バスルーム

では、バスルームを見てみましょう。

シャワールーム

バスルームにはシャワーとトイレだけ。
バスタブはありません。

シャワーはハンドシャワータイプなので、これはうれしいですね。
水の出はそれほど強くなかったですが、お湯の温度はすぐに熱くなりました。

ポンプ式のシャンプー

ポンプ式のシャワージェルとシャンプー。
シャワージェルは、まぁ許容範囲でしたが、シャンプーはちょっといただけませんでした。
泡立ちも悪く、髪の毛がキシキシになります。
シャンプーは持ってきた方がいいですよ。

朝食

という事でお部屋紹介はこのくらいにして、朝食の紹介です。

朝食ビュッフェ

朝食は、このクラスのホテルお決まりのビュッフェです。
それほど種類はなく、一応一通り取る感じです。

朝食

ご飯と生野菜、ソーセージに野菜炒め、そして鶏の甘辛煮、フルーツにトーストと言ったところです。
飲み物は、フルーツジュースとコーヒー、紅茶です。
連泊すると飽きてしまいそうです・・・

という事で、オッズホテル・クタのご紹介でした。

場所はすごくいいんですが、やっぱり格安のバゼットホテル。
施設、朝食などリゾートホテルから見たらちょっと残念という所はあります。
しかし、料金から見たら、すごくコスパは良いですよ。

費用は抑えたい、でもバリ島は楽しみたいって方、ぜひご検討ください。
オッズホテル・クタの詳細・料金・予約はこちら(Agodaアフリリンクです)

>>オッズホテル・クタ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!