ウブドへの交通、行き方・帰り方・周辺観光【2019年最新版】




ウブドへの交通、行き方・帰り方・周辺観光

バリ島の観光地の中でも人気のウブドエリア

昔は、ガムランやバリニーズダンスなどの伝統芸能、最近ではヨガやエコ、ナチュラルと言った自然派、スピリチュアル派の聖地として、多くの観光客が訪れる場所です。
ウブドを十分に楽しむには、数日間ウブドに滞在するのがいいのですが、3泊4日程度のバリ島旅行では、ビーチエリアに滞在してウブドは日帰りで楽しむというパターンが多いです。

今回は、ウブドへの日帰りツアーをするために重要なポイント、アクセス・交通についてご紹介します。

ウブドへの行き方、帰り方、ウブドエリア内での移動、ウブド周辺の観光地の回り方などを簡単にまとめておりますので、ウブドにご興味のある方、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク







ウブドはどこにある

ウブドはデンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)から、約40Km、車で1.5時間の所にあります。

バリ島のほぼ真ん中あたりにあり、周りに川や森が多く、また標高も高いのでビーチエリアより涼しく、過ごしやすいエリアです。
ただ、山間のエリアですので、雨季になるとちょっと雨の日が多いのが難点です。

空港からウブドへの行き方

ビーチエリアからウブドへのアクセスですが、代表例として空港からのアクセスを紹介します。

旅行会社の送迎サービス、カーチャーター

事前に旅行会社に送迎サービスやカーチャーターを頼んでおけば、空港到着フロアーのミーティングポイントにドライバーやガイドさんが迎えに来てくれます。
ドライバーさんと合流したら、あとは車に乗って移動だけですので、もっとも簡単で安全な移動方法です。

また、ウブドエリアのホテルを予約している方はホテルの送迎サービスを利用してもいいでしょう。

空港タクシー

空港には、空港タクシーのカウンターがあり、そこでタクシーを頼むことができます。
タクシーカウンターは、到着フロアーを抜け、駐車場の手前にあります。
ウブドまでは定額性となっており、片道Rp350,000(約3,000円)です。
ただし、これはウブド中心部までで、ウブド郊外まで行くとなると、追加料金がかかります。

空港タクシーのカウンターの場所や利用方法などはこちらの動画にまとめておりますので、ご覧ください。


バリ島空港タクシー乗車方法(2018年12月)/(English Subtitles)How to get Bali Airport Taxi (on Dec 2018)

クラクラバス

クラクラバスはJTB関連会社が運営しているシャトルバスで、これを使ってウブドまで行くことができます。

ただし、クラクラバスは空港に乗り入れていないのと、直接ウブドに行く便がないので

  • 徒歩で空港を出てアストンクタホテルまで行く
  • アクトンクタらかクラクラバスLINE3でDFSギャラリアまで移動する
  • DFSギャラリアからクラクラバスLINE5でウブドまで移動する

といった手順となります。
料金は、LINE3がRp20,000,LINE5がRp100,000ですが、お得な一日乗り放題パスもありますので、ご利用ください。

クラクラバスのサイトはこちら

プラマシャトルバス

クラクラバス以外の、空港周辺からウブドに行くシャトルバスがこのプラマシャトルバスです。
クラクラバスより安いのですが、バス停がクタの中心部にあるので、そこまでタクシーなどで行かなくてはいけません。
シャトルバスの運賃は片道Rp60,000ですが、バス停までのタクシー料金がRp100,000くらいかかるので、クラクラバスと変わらなくなってしまいます。

プラマシャトルバスのサイトはこちら

こちらに、クタのバス停からウブドまでプラマシャトルバスで移動した様子をまとめた動画がありますので、参考にしてください。


プラマシャトルバスでウブドまで移動しました/I went to UBUD from Kuta by PRAMA shuttle bus

使えない公共バス

バリ島にはトランスサルバギータという公共バスがあり、空港にも乗り入れています。

このバスは1路線Rp3,500ととても安いのですが、

  • タイムテーブルがないのでいつ来るかがよくわからない
  • ドライバー、車掌さんはインドネシア語しか通じない
  • バスはウブドの手前バトゥブランまでしか行かない

と、旅行者には使いづらいバスとなっています。
インドネシア語がある程度でき、バトゥブランから先の移動も対応できるような旅のベテランなら使ってもいいかと思いますが、一般の旅行者はやめておいた方がいいでしょう。

 ウブドから空港への帰り方

旅行会社の送迎サービス、カーチャーター

送迎サービスやカーチャーターを使う方法が最も便利で安全です。

特に、ウブド中心部だけでなく、周辺の観光地も回る場合は、カーチャーター一択になります。
というのも、ウブドまでの交通費やウブドから周辺観光地への交通費を考えると、カーチャーターを一日頼んだ方がずっと安くなります。
また、ウブドエリアで車などを探す手間も省けますので、ぜひカーチャーターをお使いください。

クラクラバス

クラクラバスを使ってビーチエリアや空港に戻ることもできます。

ただし、ウブドからの路線はDFSギャラリアまでしか行きません。
いったんDFSギャラリアで下車して空港近くに行く路線に乗り換える必要があります。
また、空港には乗り入れていませんので近隣のバス停から歩く必要があります。

こちらにクラクラバスを使った空港への行き方方を詳しくまとめましたので、ご覧ください。

クラクラバスでウブドから空港へ行こう!

動画にもまとめてあります。


クラクラバスでウブドから空港まで行きました/I went to Airport from UBUD by Kurakura-Bus

プラマシャトルバス

プラマシャトルバスを使ってビーチエリアに帰ることもできます。
プラマの最終は18:00ウブド出発ですので、遅くまでウブドを楽しむことができます。

空港への乗り入れはしていませんが、クタ中心部まで行きますので、そこからタクシーなどで移動となります。

スパの送迎

送迎費用は掛かりますがスパの送迎サービスを使うという方法もあります。

ウブドのスパに送って行ってもらうこともできますが、ビーチエリアのスパにウブドまで迎えに来てもらうこともできます。
特に、ビーチエリアのスパは、スパ終了後空港まで送って行ってもらえますので、最終日に利用するのもお勧めです。

 ウブドエリア内の交通

ウブドについてからエリア内を移動する方法についてご紹介します。

徒歩での移動

ウブド中心部は、それほど広くなく、ゆっくり歩いても2時間程度で回ることができます。
その間も、いろいろなお店やカフェ、レストラン、スパなどがありますので、のんびりと歩いて回るのが楽しいのではないかと思います。

モンキーフォレストシャトルバス

ウブド中心部のパダンテガル村が運営しているシャトルバスです。
ウブド中心部の駐車禁止対策の一環として行っている無料シャトルバスで、モンキーフォレスト通り、ウブド通り、ハヌマン通りという中心地を周回しています。

シャトルバス詳細について動画にまとめていますのでご覧ください。


バリ島ウブドのフリーシャトルバスに乗ってみた。/Free shuttle bus at Ubud Bali

使っちゃいけないローカルドライバー

ウブドにはメータータクシーはありません。
その代わり、ローカルドライバー(トランスポート)と呼ばれる白タクが客引きをしています。

このローカルドライバーですが、メーターではなく、交渉によって料金が決まります。
しかし、この料金が高い!
メータータクシーならばRp20,000程度で行ける距離でもRp100,000くらい請求されます。

疲れてどうしようもないとか、他に方法がない場合はしょうがないですが、なるべく使わないようにした方がいいでしょう。

なお、Grab Taxiなどのオンラインタクシーは、このローカルドライバー(トランスポーター)の圧力により、ウブドエリアは締め出しをされています。

ウブド郊外へのアクセス

ウブド中心部にあるウブド王宮、ウブド市場、モンキーフォレストは徒歩で回ることができますが、ゴアガジャ遺跡、ティルタエンプル、テガラランライステラスなどの周辺観光地は徒歩ではいけません。

カーチャーター

周辺の観光もするのなら、カーチャーターがお勧めです。
特に、ビーチエリアからくる場合は、ウブドまでの交通費も考えると、最初からカーチャーターをお願いした方が安く済みます。

レンタルバイクは自己責任で

バイクを借りて自分で観光地周りをされる方もいると思います。

しかし、免許の問題や、事故のリスクなどを考えると、あまりお勧めはできません。
それでも、バイクを借りたいという方は、自己責任でお願いします。

ローカルドライバーは避けた方が賢明です

ウブドの街中のローカルドライバー(トランスポーター)ですが、頼めば周辺の歓呼地まで行ってくれます。

ただし、料金がカーチャーターに比べ大変高くなっています。
特に、郊外の観光地には、タクシーなどがいないので、足元を見てかなり高額な請求をすることがあります。

トランスポーターを使うのでしたら、カーチャーターを使った方が安く済みます。

このローカルドライバーなどウブドのタクシー事情についてまとめた記事もありますので、そちらもご一読ください。

ウブドのタクシー事情

まとめ

人気のエリア・ウブドへの日帰りツアーの交通方法について説明しました。

ウブドツアーが、ウブド中心部だけということでしたら、クラクラバスやPRAMAシャトルバスを使ってウブドまで移動して、あとは徒歩でエリア内を回られるのが一番いいかと思います。
バスですので出発のスケジュールは決められていますが、移動費も安くてすみ、一日ウブド観光を楽しむことができます。

もし、ウブド中心部だけでなく、ゴアガジャ遺跡、テガラランの棚田など周辺エリアの観光もするのであればカーチャーターがいいでしょう。
ホテルから専用の車で好きなところに行くことができますので、重い通りのツアーを楽しむことができます。

ビーチエリアでしたら、メータータクシーという選択肢もありますが、ウブドにはメータータクシーはありません。
その代わり、トランスポーター(ローカルドライバー)という白タクがいますが、料金がとても高く、評判は良くないです。使われない方がいいかと思います。

今回の記事を参考に、バリ島ウブド旅行をお楽しみください。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. […] ウブドへの交通、行き方・帰り方・周辺観光【2019年最新版】 […]