スポンサーリンク

バリ島スターバックスリザーブデワタ!東南アジア最大のスタバ

バリ島スターバックスリザーブデワタ!東南アジア最大のスタバ

バリ島のサンセットロード沿いに2019年1月にオープンしたスターバックス・リザーブ・デワタ(STARBUCKSRESERVE DEWATA)
なんと、東南アジア最大級のスタバ!

そしてリザーブの名前が付けられた、高級志向のスターバックスだったのです。

オープンから1か月たった2月某日、このスターバックス・リザーブ・デワタに行ってまいりました。
その驚きの内部をレポートします。

スターバックスリザーブデワタへのアクセス

スターバックス・リザーブ・デワタは、バリ島クタのサンセットロード沿いにあります。

ただし注意してほしいのが、サンセットロード沿い、ナクラ通りとの交差点にはもう一店スターバックスがあります。
こちらは以前からある通常のスターバックスですが、大きな看板もあり「サンセットロードのスターバックス」というと、こちらのお店に来てしまうかもしれません。

スターバックス外観

そのスターバックスから北に1Km上がったところにあるのが、スターバックス・リザーブ・デワタなのですが、道路側に看板も何も出ていません。
唯一、建物の壁に見慣れたスターバックスのトレードマーク・サイレンが描かれているだけです。

スターバックスリザーブデワタ

控えめにつくられた、入り口のサインボード

う~ん、さすがスターバックスのブランド力ですね。
見逃さないように注意してください。

スターバックスリザーブデワタはスタバとはどこが違う?

このスターバックス・リザーブ・デワタは、普通のスターバックスとは違うんです。

とにかく広い

店内の様子

東南アジア最大級というだけあって、とにかく広いのです。
店内は2フロアーあり、吹き抜けエリアも多く、とても開放感にあふれています。
そして、座席と座席の間隔もすごくゆったり作られていて、いつまでもいたくなるような空間です。

上の写真は、リザーブバーと呼ばれるカウンター席で、店内のほんの一部分なんですが、かなり贅沢に作られているのがわかると思います。

他にも屋外席も十分あり、そこら辺のレストラン以上のスペースです。
これが、コヒー屋さん?なんて思えないですよ。

スターバックス・リザーブ・特別なスターバックス

入り口のエンブレム

スターバックスファンならわかると思いますが、ここはスターバックス・リザーブです。

スターバックス・リザーブとは、一般のスタバに比べより高級感を増した特別なスターバックス。
もちろん、普通のスタバのメニューもありますが、高品質な豆と特別な抽出方法を使ったコーヒーが味わえるのがリザーブの特徴です。

普通のスタバも、気軽においしいコーヒーを楽しめるお店ですが、こちらはさらにグレードアップした特別なコーヒーを楽しめる特別なスペースなのです。

と、ここまであおっていて、申し訳ないのですが、実は筆者はまだこのリザーブでのコーヒーを飲んでいません。
取材に行ったとき、勉強不足で「リザーブって何?」という状態でした。
次回行ったときは絶対、このリザーブ・バーで特別なコーヒーを飲んでみたいと思います。

コーヒーとインドネシアの文化を感じる

入り口の定礎

お店の玄関に貼られたプレートです。

コーヒーとインドネシアのインスパイアーの旅

そうなんです。インドネシアはコーヒーの原産国なのです。
まだ、世界的にはインドネシアのコーヒーは2級品と考えられていますが、本当はどこに出しても恥ずかしくない、高品質なコーヒーもあるのです。

そんなインドネシアとコーヒーの旅を楽しんで頂きたいということでしょうか?

店内のご案内

お店のスタッフに写真撮ってもいいかと尋ねたら、どうぞということでしたので、いろいろ写真を撮ってきました。

外観

サイレンのシンボルをみて店内に入ります。
裏には広い駐車場があり、車での来店者がほとんどでした。

リザーブ

特別なスターバックスを表すリザーブのシンボル。

オブジェ

コーヒー栽培のオブジェが飾られています。
とにかく、コーヒーなのです。

スタンダードカウンター

こちらは、普通のメニューをお出しするカウンター。
注文方法は普通のスタバと変わらないですよ。

フードメニュー

フードメニューも沢山ありました。
ここだけしかない、オリジナルメニューもあるそうです。

マグカップ

スタバファンの中にはマグカップなどのコレクターもいることでしょう。
オリジナルのマグカップやタンブラーもあります。

ギフト

バリ島のバロンをプリントしたチョコレート
お土産にいいですね

リザーブカウンター

こちらがリザーブバー
メインバーとはメニューが違っています。
コーヒーの淹れ方も、特別なマシンやサイフォン、ドリッパーを使い、お客様の好みやまめにあった淹れ方をしてくれるそうです。
もちろん、普通のメニューよりお高いです。

Journy from Seed to Cup

コーヒーが豆から育って、カップのコーヒーになるまでを簡単に解説したJourny From Seed To Cup.
パネルが動いて、ちょっと楽しいですよ。

okugaiseki

屋外のテラスにも席が広がっています。
でも、さすがに日中は外に出る気にはなれないですね。
気温が下がる夕方から夜にかけては、屋外席がロマンティックじゃないかと思います。

屋外席

こんな椅子で、のんびりコーヒーを飲みながら読書やおしゃべりを楽しみたいですね。
さすがに、日中は誰も座っていませんでしたけど

客層は?

さて、こんなに素敵で高級なスターバックス・リザーブ・デワタ、どんなお客さんが多いと思いますか?

やっぱり、意識高い系のリッチそうな外国人???

いえいえ、実は地元のインドネシア人が大半を占めているんですよ。
いやぁ、さすが経済発展の著しい、インドネシアです。

だいたい、大学生や若い方が多いのですが、中にはご夫婦や家族連れもいらっしゃいました。

また、壁際のテーブルには、スタバお約束のMac-Bookを開いている方々も・・・

そして、皆さんきちんとしている格好で来店しています。
短パンでよれよれのTシャツ、ちょっと匂うジャケットでビーサンの私は、すごくアゥエイ感が漂っていました。

まとめとスターバックスに望むこと

今回はバリ島のサンセットロードにできた東南アジア最大級のスターバックス・リザーブ・デワタに行ってきました。

本当に広くてゆったりとした店内で、コーヒーとコーヒーを中心とした素敵な空間を楽しむことができます。
実は、あまりスタバが好きでなかった筆者も、また来ようという気になりました。
次回はぜひ、リザーブバーで特別なコーヒーを飲んでみたいと思います。

そして、これは筆者個人的な想いですが、スターバックスにこんなことを望みたいです。

インドネシアのコーヒーを評価して

インドネシアはコーヒーの原産地です。
しかし、昔から2級品としか見られておらず、コーヒー農家が苦労しても、安く買いたたかれていました。

でも、インドネシアにも個性的でおいしいコーヒーが沢山あります。
そんなコーヒーをもっともっと世に出して、2級品のイメージを覆してほしいと思います。

ルアックコーヒーは出さないで

もし、ここでルアックコーヒーを出していたら。
そのルアックコーヒーが、アンフェアなルアックコーヒーだったら。
筆者はスターバックスを軽蔑します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク