コピルアック(ジャコウネココーヒー)本物と偽物の見分け方とその闇

コピルアック(ジャコウネココーヒー)

この記事はジャコウネココーヒーとも呼ばれるコピルアックの本物と偽物の見分け方並びにその問題点について紹介します。

コピルアックは、ルアック(ジャコウネコ)と言われるイタチ科の小動物のフンに含まれるコーヒーです。
コピルアックは古くからインドネシアの特産品として知られていましたが、生産量が少ない貴重品でとても高価な物でした。

しかし、最近バリ島を中心に観光客でも買える安価なコピルアックが出回っており、その価格と生産量から偽物ではないかという疑惑がささやかれています。

今回はバリ島在住の筆者が現地で調べた情報を基に、コピルアックの本物と偽物の見分け方並びに調査過程で分かった問題点・闇をご紹介します。

この記事を読んで頂けると、コピルアックについての知識や現在の問題点を理解して頂けます。
有名なコピルアック・ジャコウネココーヒーをお土産にして日本に持ち帰った後、後悔や嫌な気持ちにならないためにも、ぜひご一読ください。

お土産として人気のコピルアック。
でも、コピルアック以外のお土産品って?なんて迷ったら、ぜひこちらの記事もご覧ください。
人気のお土産品をランキング形式で紹介しています。
バリ島お土産おすすめランキング

コピルアック本物と偽物の違い

コーヒー

本物のコピルアックとは

本物のコピルアックは、野生のルアックが森の中で完熟したコーヒーの実を食べ、排出された糞に混ざったコーヒー豆です。

ルアックは完熟したおいしいコーヒーの実しか食べないので、高品質でおいしい豆が取れるのです。

偽物のコピルアックとは

偽物と言われるコピルアックには大きく分けて以下の3つがあります。

  • 養殖物
  • 混ぜ物
  • 芳香付けされたもの

各内容について詳しく説明します

養殖もの(飼育もの)

飼育しているルアックにコーヒー豆を食べさせて作ったものです。

野生のルアックではありませんが、ちゃんとルアックの体内を通って糞に混ざって出てきたコーヒー豆ですから、これを偽物というのはどうなのかという意見もあるんですね。
そこで、本当に野生のルアックの糞からとれたコピルアックはワイルド(野生)という名前を付けて区別していますが、本当に野生の物か疑問はあります。

飼育ものの中には熟していないB級品のコーヒーを食べさせて作ったコピルアックも存在するんです。
もちろん、そのようなコピルアックは香りも味もあまりよろしくないという事です。

混ぜ物

少量の本物のコピルアックに、普通の、豆を混ぜたもの。
豆を挽いてしまうと、区別がつかなくなります。

芳香付けされたもの

科学的な香りを付けたコーヒー豆。
香りは豊かに感じますが、味は普通の豆と何ら変わりありません。

混ぜ物や芳香付けの物は論外ですが、養殖物については偽物とは言い切れないところがります。ただし、品質や動物虐待の問題があります。

コピルアックの本物と偽物の見分け方

ルアックの写真
  • 味で見分ける
  • 値段で見分ける
  • 店で見分ける

この内容について、詳しく説明していきます。

味で見分ける

本物のコピルアックは、芳醇で複雑な味がします。
同じ品種の豆でも、その違いは明確で、一度味わったら、忘れられない記憶としてのころでしょう。

と、あるお店の広告には載っていましたが、コーヒーマニアやプロでなければその味の違いは判らないと思います。
これがコピルアックですと言われれば、普通のコーヒーもすごくおいしく感じてしまいますよね。

値段で見分ける

本物のコピルアックの豆は100gで1万円位すると言われています。
もっと安い豆があったら、それは養殖ものではないかと疑った方がいいかと思います。

また、とあるコーヒー専門店の方に聞いたら、本物の野生のコピルアックはほとんどが欧米や日本に輸出され、バリ島内にはほとんど出回らないという事でした。

お店で見分ける

はっきり言って、スーパーやコンビニ、お土産物屋さんで売られているコピルアックは、あまり品質が良いものはないと思っています。

コーヒーの専門店やコーヒー豆問屋といった大きな専門店で購入されたほうが、より高品質なコピルアックが手に入ると思います。

また、キンタマーニからウブドにかけてコーヒー農園があり、ほとんどの所でコピルアックが売られています。
農園内では、実際ルアックが買われていて、糞の回収や焙煎を見ることもできます。
そのことから、コーヒー農園ならば間違いないと思われるかもしれませんが、100%信用するのはどうかと・・・

やはり、評判のいい、信頼できるお店や農園で購入されるのが一番でしょうね。

私たち素人が豆を見て本物、偽物を判断するのはまず不可能。やはり、信頼できるお店で買うのが一番だと思います。

コピルアック(ジャコウネココーヒー)とは

ドリップコーヒー

ルアックの糞に含まれるコーヒー豆

ルアックとはジャコウネコ科の動物でイタチのような姿をし、主にインドネシアからマレーシアの森に棲んでいます。

雑食性の動物ですが、森の中で成熟したコーヒーの実が大好物です。
ルアックに丸呑みされたコーヒーの実の果肉は体内で消化されますが、種はそのまま糞として排出されます。
この糞として排出されたコーヒーの種を採取し、洗浄、乾燥、焙煎したのがコピルアックになるのです。

起源はインドネシア

ルアックはインドネシアからマレーシアにかけて生息する動物ですが、コピルアックが取れるのはインドネシアのスマトラ島、ジャワ島、スラウェシ島そしてバリ島

森の中に落ちているルアックの糞に混ざったコーヒー豆を焙煎した飲んだらとてもおいしかった。
野生のルアックの糞なので数も少なく、採取も大変なのでとても希少価値が高く高値で取引されていた。
これがコピルアックの起源と思われます。

コピルアックの味

コピルアックは一般の豆に比べて、苦みが少なくとても芳醇な味がすると言われています。
また、ルアックの体内で果肉が消化されることにより、独特の香りが付くともいわれています。

コピルアックの値段

本物と言われる野生のルアックのフンから取れるコピルアックは100gで1万円以上はするといわれています。
これは、現地での価格ですので、日本に行くともっと値が上がるでしょう。

一方バリ島でお土産用に売られているコピルアックの値段はピンからキリまで。
100gで1000円程度のものもありますし、5000円くらいのものもあります。
基本的に値段が高いほど高品質と言われていますが、バリ島内には野生のものは出回っていないという説もあります。

コピルアックのおまじない

このコピルアックはコーヒーマニアの間では昔から有名でした。

コピルアックの名前が一般に広がったのは、映画「かもめ食堂」
コーヒーがおいしくなるおまじないとして「コピルアック」を唱えたことから一般にその名前が知れ渡るようになったそうです。

コピルアックを有名にした映画「かもめ食堂」をAmazonで視聴してみませんか?

コピルアック(ジャコウネココーヒー)は野生のルアックの分から取れるとても貴重で高価なコーヒーの事なのです

コピルアックの問題点・闇

ルアックの写真

味についての問題

バリ島で入手できるコピルアックは、養殖物、飼育もので、本物の野生のものはないと言われています。
ただし養殖物でもルアックの糞からとっているのは間違いないので、偽物というわけではないでしょう。

しかし、ルアックに食べさせるだけで付加価値が付いて高額で取引される。
そのため、本来は二束三文のくず豆をルアックに食べさせ高額なコピルアックにさせる業者もいます。

もちろん、味は悪いです。
しかし、観光客の中に、その味の違いを指摘できる方はいません。

悪しき習慣ですが、まずいコピルアックを高額で売る業者もいることは事実です。

動物虐待の問題

コピルアックを取るためにたくさんのルアックが飼育されていますが、ほとんどが満足な環境で育てられていません。
狭いゲージの中に押し込められ、一生コーヒー豆しか与えられないルアックもたくさんいます。

本来、ルアックは雑食性です。
鶏や昆虫も食べているのですが、飼育されるルアックはほとんどコーヒー豆しか与えられません。

このような事から動物愛護の観点よりコピルアックに反対する人たちもたくさんいるんです。

以下はコピルアックに関する記事です。
時間があればぜひご一読ください
>>究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?
>>高級コーヒー「コピルアック」の真実

以下のYouTube動画は2013年9月にイギリスBBCで放送されたコピルアック生産現場での動物虐待を訴えた番組。
この番組放送後、イギリスではコピルアックに対する反対運動がおこったそうです。

Our World Coffee's Cruel Secret – Kopi Luwak – civet cats – Indonesia

コーヒーはバリ島の主要な産業でもありますが、このような大きな問題もはらんでいることをご理解ください

コピルアックについてのまとめ

今回はジャコウネココーヒーとも言われるコピルアックの本物、偽物の見分け方や問題点について紹介しました。

もともとコピルアックとは野生のルアック(イタチ科の動物)が森の中で食べた完熟のコーヒー飲みが体内で消化され、分に混じった種(コーヒー豆)を採取したもの。
生産量も少なく、味も良い事から昔から幻のコーヒーとして高値で取引されてきました。

しかし、最近バリ島などでは養殖したルアックにコーヒー豆を食べさせて作るコピルアックがお土産用に売られています
養殖といえど、ルアックの分から採取しているので偽物とはいいがたいですが、中にはB級品のコーヒー豆を食べさせ、コピルアックとして販売している業者もいます。

もし、野生のルアックから取れたコピルアックが本物とするのなら、一般の方はバリ島ではほとんど手に入りません。逆に日本で探した方が入手できる可能性が高いです。

養殖物でも満足できるという事でしたら、なるべくコーヒー農園など生産者に近い場所で、それなりの価格のものを購入してください。

また、コピルアックには偽物問題の他に動物虐待の問題もありますので、その点もしっかりと考えたうえでコピルアックをお買い求めください。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!