ウブド観光のまとめ

ツアーでウブド観光いくけど、ウブドで何したらいいの?
バリ島旅行の計画を練っているんだけど、ウブドって行くべきかな?
そもそも、ウブドってなに?

ウブドはバリ島中部の山間部にある、渓谷や田んぼが広がるのどかな田舎町
1000年以上の歴史がある古い街なので伝統芸能や芸術が盛ん。
また近年はヨガの聖地とも言われバリ島のなかでも人気観光地として多くの観光客が訪れる場所です。

バリ島の観光ツアーでもウブド観光に行かれる方は多いのですが、ウブドには何があって、どんなことができるのか知らない方が多く、十分に楽しめないことがあります。
私も初めてウブド観光に行ったとき、十分な知識がなかったために、後で後悔することもありました

そこで、初めてウブド観光に行かれる方向けに、ウブド観光の基礎知識やおススメの名所、アクティビティ、お土産などについてまとめて解説いたします。

この記事を読んで頂ければ、ウブドのイメージがしっかりつかめるでしょう。
そうすれば、初めてのウブド観光でも、見忘れた、やり残したといった事が無くなり充実した旅行となります。

バリ島と言えば海のイメージが強いかと思います。
でも、自然と歴史と文化の街ウブドも捨てがたい魅力があります。
バリ島観光の際、ぜひウブドも訪れてみてはいかがでしょうか

ウブド観光の基礎知識

ここでは以下の事を簡単に解説します。

  • ウブドの位置
  • ウブドの歴史
  • ウブドの魅力
  • ウブドの行き方
  • ウブド内での交通手段

ウブドの位置

ウブドはバリ島中部の山間部にあり、観光客が多く滞在するクタ、スミニャック、ヌサドゥア、ジンバランといった南部ビーチエリアからは車で1.5-2時間くらいかかる場所になります。

本来のウブドは、ウブド王宮を中心に東西4Km,南北12Kmと狭いエリアでしたが、そのネームバリューのため最近は周辺のエリアでもウブドと称しております。

ウブドの歴史

ウブドの寺院
  • 8世紀ごろジャワの高僧ルシ・マンカンディアがアグン山詣での途中この地により、グヌンルバー寺院を建立。ここからウブドの歴史が始まる。
  • 10-14世紀にウブドの東ペジェン村周辺にワルマデワ王国が栄える
  • 16世紀にジャワのマジャパヒト王国が滅亡し、多くの僧侶や貴族がバリ島に移ってくる
  • 1920年代ヨーロッパでバリ島ブームが起こり、多くの西洋芸術家たちがウブドに長期滞在する
  • 1931年パリで開かれた世界植民地博覧会にてウブド・プリアタン村の歌劇団が公演を行い、芸術の村ウブドの名前を世界中に広める
  • 以降ウブドは世界的な観光地となっていく

ウブドの魅力

ウブドの田んぼ
  • 渓谷や田んぼに囲まれた自然豊かな土地
  • 1000年以上の歴史による伝統芸能などの素晴らしき文化
  • ヨガの聖地と言われるほど強力なスピリチュアルパワー

ウブドの行き方

メータータクシー

ビーチエリアからウブドに行くには主に以下の方法があります。

  • タクシー(メータータクシー、空港タクシー、オンラインタクシー)
  • カーチャーター
  • シャトルバス(クラクラバス、PRAMA社シャトルバス)

ウブドへの行き方、帰り方については以下のページにて詳しく解説しております。
>>ウブドの行き方・帰り方

ウブドエリア内の交通手段

ウブドのローカルタクシー

ウブド中心部は歩いても2時間程度で回れる広さですので、多くの観光客は徒歩でウブド観光を楽しまれています。
ただし、ウブド周辺部の観光ポイントなどに行かれる場合は、以下のような方法を使います。

  • ローカルタクシー
  • カーチャーター
  • シャトルバス

ウブドエリアの交通手段については以下の記事で詳しく説明しておりますので、ご覧ください。
>>ウブドのタクシー事情

ウブドおすすめ観光名所

ここではウブド観光で多くの方が訪れるおすすめの観光名所を紹介します。
ウブド観光の基礎知識でも説明した通り、本来ウブドはそれほど広い範囲ではなく、徒歩でも十分観光名所巡りが可能。
しかし、最近はウブド周囲のおすすめ観光名所もウブドエリアとして紹介されています。

そこで、混乱を避けるため、ここでは徒歩で回ることができるウブド中心部のおすすめ観光名所と車などで回るウブド郊外のおすすめ観光名所に分けて紹介します。

ウブド市内のおすすめ観光名所

モンキーフォレスト

モンキーフォレスト

モンキーフォレストはウブド南エリアにある自然保護地区で、ここには数百匹の猿が保護され、生活しています。

ウブド王宮

ウブド王宮

昔このウブドの地を納めていたスカワティー家の宮殿で、現在も王家の末裔が住んでいますが一部を無料公開しています。
夜には、有料の伝統舞踊公演も行われるウブド観光の中心となる名所です。

ウブド市場

ウブド市場(パサールウブド)

ウブド王宮の前にある、エリアの中心的市場。
朝はエリア住民向けの生鮮食品を売る市場ですが、昼からは観光客向けにお土産品などを売るお土産市場になります。

このウブド市場については、以下の記事に詳しい解説が載せてあります。
>>ウブド市場について

グヌンルバー寺院

グヌンルバー寺院

8世紀に高僧ルシ・マンカンディアが建立したウブド発祥の寺院。
バリ島内の他の有名な寺院に比べ地味さはありますが、由緒あるお寺で、近くのチャンプアン橋から見る姿はとても神々しく感じます。

ウブド中心部、意外と観光名所ありますよね。
どこも徒歩圏内だから、街歩きしながら名所めぐりもできちゃいますよ。
ウブド中心部の名所めぐり、ちょっと行ってみようかなって気になったら、さらに詳しく解説した記事がありますので、ぜひご覧ください。
>>ウブド市内のおすすめ観光名所

ウブド郊外のおすすめ観光名所

ゴアガジャ遺跡

ゴアガジャ遺跡

ウブドの東南にある20世紀になって発見された遺跡。
長い間土砂に埋もれていたので、いつ、だれが何のために作ったのか不明点が多い。
崖に掘られた大きな顔の口の部分から入る洞窟は、バリ島定番の名所スポットであり、多くのガイドブックなどで紹介されています。

プナタランサシ寺院

プナタランサシ

ウブドの東ペジェン村にある古い寺院。
ここには、ペジェンの月と言われる紀元前3世紀ごろに作られた大きな銅製の鼓が祭られている。
ただ、なぜここにそんな銅鼓があるのかはわかっていません。

ティルタエンプル寺院

ティルタエンプル寺院

ウブドの東北、タンパクシリンにある古いお寺で、境内の泉から湧き出る地下水は聖水と言われています。
この聖水を使った沐浴場には毎日沐浴(ムルカット)ををするため多くの人が集まりますが、最近では浄化のために沐浴をする外国人の姿も増えています。

テガラランライステラス

テガラランライステラス

ライステラスとは、斜面に作られた棚田の事。
稲作が盛んなバリ島では各地に棚田がありますが、このテガラランの棚田が一番有名と言えるでしょう。
棚田の周りにはカフェが並び、のんびりとお茶をしながら棚田を眺めることができます。

ウブド郊外の観光名所は以下の記事で詳しく解説しています。
>>ウブド郊外の観光名所

ウブド観光アクティビティ

ウブドでは観光だけではなくいろいろなアクティビティ体験ができます。

  • スパ・マッサージ
  • 巨大ブランコ
  • 伝統芸能鑑賞
  • ラフティング
  • エレファントライド

スパ・マッサージ

スパ・マッサージ

バリ島と言えば癒しの島、各所にスパやマッサージ店があります。
ウブドにも、スパ・マッサージ店は多くありますが、郊外に多い\高級スパと街中に集中している安いマッサージ店の二極化がウブドの特徴です。

高級スパは高級ホテルやヴィラ内にあり、長時間のマッサージメニューが人気。
街中のマッサージ店は1時間1,000円程度と安価なので、毎日でも通える手軽さが魅力です。

巨大ブランコ

スイング(巨大ブランコ)

スイングと呼ばれる巨大ブランコが最近のウブドの人気アクティビティ。
渓谷や田んぼなどに向かって漕ぎだすブランコで、ちょっとスリルはありますが、絶好のインスタポイントとして毎日大人気です。

伝統舞踊鑑賞

伝統舞踊

伝統芸能が盛んなウブド。
毎晩、ウブドエリアの各所では伝統舞踊公演が行われています。
演目もケチャダンス、バロンダンス、れゴンダンスと公演グループによって様々。
好きな方は毎晩のように伝統舞踊鑑賞をされるそうです。

ラフティング

アユン川ラフティング

渓流をゴムボートで下るラフティング。
ウブドの西を流れるアユン側には多くのラフティング会社があり、毎日多くの観光客がラフティングを楽しんでいます。

エレファントライド

エレファントライド

ウブドの北にあるタロ村と、ウブドの西のチャランサリ村でエレファントライド・ぞう乗りが楽しめます。
象の背中に座って、周囲の森などを散歩する日本では体験できない人気アクティビティです。

ウブド観光のお土産

観光と来たら、お土産は外せません。
ウブド観光の定番お土産、人気お土産について解説します。

  • コスメ
  • 民芸品・工芸品
  • どこで買う?

コスメ

バリ島やインドネシアでは昔から伝わるジャムウという薬草の技法を使ったコスメやナチュラル石鹸がお土産として人気です

ナチュラル石鹸

バリ島で多く取れるココナッツオイルを使ったナチュラル石鹸。
特にセンセイシャ、KOU、ブラットワンギというブランドが人気です。
センセイシャとKOUはウブドの街中に直売店がありますが、ブラットワンギだけはウブド郊外の本社工場か、デルタデワタスーパーでなければ手に入りません。

ナチュラルコスメ

ジャムウの技法を使ったナチュラルコスメ。
某アメリカの女優が大人買いをしたとして有名なウタマスパイスやナディスハーバル、アンジェロストアーが有名なナチュラルコスメ店。
すべて、ウブド中心部に直売店があります。

バリコスメ

ナチュラルコスメではありませんが、バリ島やインドネシアの各化粧メーカーからもジャムウ技法を使ったスキンケアー、ヘアケアー、ボディケアー商品が沢山でいています。
特に最近は美白効果の高いコスメや、ヘアトリート面と商品が大人気です。

バリコスメに関しては以下の別記事にて詳しく紹介しています。
>>バリコスメについて

民芸品・工芸品

昔から手先が器用なバリ島の方による工芸品や民外賓がお土産として重宝されてきました。

シルバーアクセサリー

もともとは、神具などを作っていたシルバー職人が観光客向けにシルバーアクセサリーを作って販売しています。
特に、最近は美しい音色を奏でるガムランボールが癒し効果があると人気。

ガムランボールについては以下の記事にて詳しく解説しております。
>>バリ島人気のお土産ガムランボール

アタ製品

アタバッグ

アタ製品とは、草のツルを編んで作った民芸品で、アタバッグ(アタかご)やランチョンマット、コースターなどが有名です。
もともとはバリ島東部のトゥガナン村がアタの村として有名ですが、遠距離でなかなか観光客も行けないのでウブドで販売しています。

絵画、民芸品

他にも手作りの民芸品や絵画などがお土産としてよく出ています。
特に絵画ですが、19世紀に多くのヨーロッパの芸術家がウブドに滞在し、伝統的なバリ絵画と西洋芸術が融合しウブド独自の絵画芸術が開花し、今では芸術性の高い工芸品として大変人気があります。

どこで買う?

ウブド市場

ウブド市場(パサールウブド)

朝は生鮮食品を売るウブド市場ですが、昼からは観光客相手のお土産市場になります。
絵画やアタ製品、シルバーアクセサリー、民芸品など所狭しと商品を並べていますが、ほとんどが定価はなく交渉によって価格が決まります。
しっかり交渉すればお得な買い物ができますが、遠慮していると相場の数倍で売り付けられることも。
目利き勝負の市場です。

また市場から南に延びるカルナ通りも意外と穴場的なお店が揃っています。

スーパーマーケット

バリコスメや調味料、お菓子などバラマキ用お土産ならスーパーマーケットで調達するといいでしょう。
ウブドには、デルタデワタ、Cocoスーパー、ビンタンスーパーとお土産品も扱うスーパーマーケットがりますので、ちょっと覗いてみるといいでしょう。

街中のショップめぐり

モンキーフォレスト通り

ウブド中心部のモンキーフォレスト通り、デヴィシタ通り、ハヌマン通りには観光客向けのお土産物屋さんやショップが並んでいます。
通りをぶらぶら歩きながら、お店を除いたり、おみやげ物を探すのも楽しいですよ。

ウブド観光モデルコース

ウブドの観光モデルコースを3つ紹介します。
カーチャーターを使って回ってみてください。

  • 定番観光コース
  • アクティビティコース
  • 癒しのコース

定番観光コース

ウブド観光の定番名所スポットを回るコースです。
初バリの方は、まずはこのコースを回ってみましょう。

  • ゴアガジャ遺跡
  • プナタランサシ寺院
  • ティルタエンプル寺院
  • テガラランライステラスでランチ
  • ウブド王宮
  • ウブド市場
  • ウブド中心部でショッピング

アクティビティコース

ウブドエリアで楽しめるアクティビティを回るコースです。
すべて回ったら、かなりへとへとになるでしょう。

  • アユン川ラフティング
  • タロ村でエレファントライド
  • テガラランでスイング(巨大ブランコ)
  • ウブド中心部でマッサージ

癒しのコース

自然の中やヨガで心身ともに癒されるコース

  • 早朝ヨガ(ヨガバーン)
  • 極楽の散歩道(カジェン通り~スバック・ソックワヤン通り)
  • 散歩道の途中でスパ
  • テガラランライステラスを眺めながらランチ

ウブド観光のダイジェストをまとめてみました。
ウブドは狭いエリアですが、観光名所は沢山あり、他にもグルメ、アクティビティ、ショッピングといろいろ楽しめる街です。
バリ島旅行の際はぜひ丸一日時間を取ってウブド観光をしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!