ジンバランビーチの激安ヴィラ・ハッピージンバラン




ビラハッピージンバラン宿泊レポ

今回は、ジンバランにあるヴィラハッピージンバランを紹介します。

ジンバランと言ったら、皆さん何を思い出しますか?

そうです、イカンバカール(シーフードBBQ)です。
このヴィラハッピージンバランはイカンバカールで有名なジンバラン・クドガナンビーチのすぐそばにある激安のヴィラです。

ヴィラと言っても、一戸建てのプライベートヴィラではなく、アパートタイプの部屋になります。

このヴィラのセールスポイントは、広いお部屋。
部屋の料金に対して、とてもお部屋が広き、快適に泊まることができます。

欠点としては、ちょっと施設が古いことと、立地。
ジンバランには、ビーチ沿いに高級なホテルがいくつもあり、高級リゾートエリアと思われています。
しかし、それら高級ホテルの周辺はローカルエリアで、宿泊客が街ブラを楽しむといった雰囲気ではありません。
ホテルにこもるか、ホテルからはタクシーなどで外出し、せいぜいビーチを楽しむといったエリアです。

そんなエリアにあるホテルですので、どうしても泊まるだけという事になるでしょう。
しかし、ビーチにも空港にも近いので、バリ島到着日や帰国日などに利用するのもアリかなと思います。

では、そんなヴィラハッピージンバランの詳細を紹介していきます。

スポンサーリンク







ヴィラハッピージンバランの立地

ヴィラハッピージンバランは、イカンバカールで有名なジンバラン・クドガナンビーチの近くにあります。
ウルワツ通りからクドガナンビーチに向かうプムリサン通りの途中にありますが、通りの入り口がちょっとわかりにくいかもしれません。
ただ、このエリアはイカンバカールで有名で観光客も多いので、タクシーやカーチャーターのドライバーならわかると思います。

ヴィラの前のプムリサン通りには小さなワルン(雑貨店)が1軒あるだけです。
コンビニやスーパーはウルワツ通りまで行かないとありません。
ウルワツ通りまでは徒歩で5分程度かかります。

ビラハッピージンバラン看板

ヴィラの入り口には写真にあるようなかわいらしい看板がかかっています。
周辺にはあまりホテルがないので、夜遅くいっても迷子になる事はないでしょう。

ヴィラ受付~部屋入り口

フロント

こちらがヴィラのフロント受付になります。
日中はほとんどスタッフはいません。
カウンター上に置かれた呼び鈴でスタッフを呼びます。

フロントでは、ソフトドリンクやビールなどを売っています。
コンビニやスーパーで買うより高いので、あらかじめ外で買っておく方がいいでしょう。

またこのヴィラはクレジットカードが使えません。
すべて現金決済となります。

宿泊棟入り口

ヴィラはコテージとアパートメントタイプの2タイプあります。
今回はアパートメントタイプのデラックスルームを予約しました。
フロント横にある木戸を開けてアパートメントタイプの建物に入っていきます。

宿泊棟一階

建物の前にはプールがありましたが、ちょっと清掃が行き届いておらず、泳ぐとい感じではありませんでした。
アパートメントタイプの建物は2階建てで、1階はスタッフルームとなっていました。

部屋外のテラス

2階は2部屋だけのようです。
部屋の前には椅子とテーブルが置かれていました。
テラスという事ですが、隣の部屋との仕切りがないので、くつろぐには気が引けます。

コテージ棟

アパートメントタイプの建物の裏には、コテージが4棟建っています。
中央には小ぶりですが綺麗なプールもあります。

コテージ

コテージは2階建てでプライベートヴィラという感じはありませんが、独立したテラスもあり、こちらの部屋の方がよかったかなと、少々後悔しております。

室内の設備やアメニティ

では、室内の設備などについて説明します。

お部屋

部屋はかなり広いです。
ドアを開けると、部屋の真ん中に大きなダブルベットがあります。
ヴィラのサイトによると、ツインベットの部屋もあるそうです。

テレビと冷蔵庫

入り口側には冷蔵庫とテレビ、ちょっとした物置があります。

テレビは衛星放送が入っていましたが、残念ながら日本語放送は入りませんでした。
また、インターネットですが、Wifi完備で、チェックイン時にフロントでパスワードがもらえます。
通信速度はダウンが4~5MB程度です。
日本に比べとても遅いですが、YouTubeを見たりLINEをするには不便はないでしょう。

枕もとの電気スタンド

枕元にはコンセントがありませんでしたので、電気スタンドのコンセントを抜いてスマホを充電しました。
室内にも、あまりコンセントはなく、スマホやカメラなどの充電にちょっと困るかもしれません。

バスルーム

部屋の奥の扉を開けると、脱衣室があり、その奥にバスルームがあります。

バスタブ

シャワーは手持ち式でした。
水量やお湯の温度は十分でしたが、バスタブの排水溝の栓がなかったため、バスタブにお湯をためることはできませんでした。

アメニティですが、ほとんどありません。
バスルームにシェア式のボディソープとシャンプーがあるだけです。
タオル類もバスタオルが人数分あるだけで、フェイスタオルなどはありませんでした。

歯磨きなどはないので、あらかじめ持ってくる必要があります。
また、電気ポットとコーヒーカップはありましたが、コーヒーや紅茶はありませんでした。

朝の散歩と朝食

翌朝、せっかくですのでビーチまで散歩に行ってきました。

クドガナンビーチ前

ホテルの前を3分程度歩くと、こんな案内板のある交差点に出ます。
この案内板には、クドガナンビーチに並ぶイカンバカールのお店の名前プレートが並んでいました。

イカンバカールのお店

ビーチ沿いに走るクドガナン通りには、ずらっとイカンバカールのお店が並びます。
夕方になると、観光客が大挙しておしかけ、道は混雑します。

この道路沿いには、ホテルとイカンバカール屋台しかなく、コンビニなどはありません。
1本西側のウルワツ通りに行かないと、買い物などはできません。

ビーチ入り口

この割れ門を通ってクドガナンビーチに出ます。
クドガナンビーチはジンバラン湾に面していて、大変穏やかなビーチです。
クタやスミニャックと同じ西向きのビーチですが、波が静かなので、サーファーは全くいません。

ジンバランビーチ

ビーチに出て左側を見ると、ウルワツ方面になります。
ビーチに向かう丘には、高級ホテルやヴィラが並んでいます。
とおく、ウルワツの丘の上にはGWKカルチュアルパークのヴィシュヌ神の像が見えます。

デンパサール空港

右側を見ると、遠くにデンパサール空港の滑走路が見えます。
エアアジアの飛行機が止まっているのが判りますでしょうか?

滑走路の手前に漁船が集まっていますが、ここにジンバランの魚市場があります。
この場所に魚市場があるので、ジンバランビーチにイカンバカールのお店が並んでいるのです。

市場は、一般の方も利用できるので、在住の外国人も時々ここで魚を仕入れているようです。

朝食

ヴィラに戻ったら朝食の時間でした。
朝食はお部屋で取るタイプで、07:30-10:00の間なら、いつでも取れるそうです。
メニューはトースト、卵料理、コーヒー、フルーツと言った簡単なものでした。

ヴィラハッピージンバランに泊った感想

ヴィラハッピージンバランは部屋も広く、イカンバカールのお店が閉まれば周囲も静かになり、落ち着いてステイすることができます。

しかし、周囲はローカルエリアでイカンバカールのお店以外観光客が行くようなところはありませんでした。
ビーチも波が小さくサーファーも物足りないと思います。

お部屋もちょっと古く、ホテルステイを楽しむといった感じはありません。
今回はデラックスルームでしたが、コテージルームの方がまだ部屋でのんびりすることができるかもしれません。

ただ、空港にも近く料金も安いので、バリ島到着日や帰国日に一泊するといった使い方ならいいかなと思います。
もし、そのような使い方をするのでも、デラックスルームよりコテージの方をおススメします。

このヴィラの詳細、予約、料金は以下のリンク先をご覧ください

ヴィラハッピージンバランの予約(Agodaアフリエイトリンクになります)

また、こちらのヴィラの紹介動画をYouTubeにアップしております。
こちらもどうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク