南国うまうま日記

バリ島ウブドに住むもんぶぅがお届けするバリ島最新情報ブログです。



バリ島クタで驚きの格安ホテル発見しました!H-Ostel Bali Review

H-Ostel Bali Review

今回は、バリ島の中心地クタスクエアーにあるH-Ostelをご紹介します。
なんと、このホテルは1泊朝食付きで約930円と驚愕の格安なのです。

格安の秘密は、ここがホテルではなくホステル、つまり大部屋に何人も宿泊するドミトリータイプの宿だからです。
ドミトリーと言っても、広い部屋に二段ベットが並んでいるというわけではなく、ある程度プライバシーが保護されたカプセルホテルタイプということです。

このようなスタイルのホテルですので、個室のようなわけにはいきませんが、清潔で居心地のいいホステルでした。

バックパッカーの方や学生さんなど、節約旅行をされる方にはちょうどいいホテルかと思います。

 

<目次>

 

H-Ostelの場所は?

H-Ostel周辺の地図

このホステルですが、なんとバリ島一の繁華街、クタスクエアーのど真ん中にあります。
ホステルから一歩出れば、ショップやレストランなどが並ぶクタスクエアー。
ビーチも近いので、観光はもちろん、夜遊びやショッピングに最高の場所です。

 

クタスクエアーの写真

この写真は、早朝のクタスクエアーですが、夜になると、車でいっぱいになります。

 

クタビーチの写真

さらに、ホテルから徒歩2分程度でクタビーチに到着。
このビーチは、あまりポイントが良くないのか、サーファーはほとんどいませんでした。

 

早朝の海

海にはジュクン(伝統的な船)が沢山出て漁をしていました

 

H-Ostelのお部屋は?

H-Ostelのお部屋の写真

部屋ですが、フロアーごとに、女性専用と男女ミックスに分かれていて、自分は男女ミックスの部屋に泊まりました。

部屋に入ると、カプセルタイプのベットが並んでいます。

 

ベットの枕元

ベットは、押し入れのような形で、枕元には電源コンセントや小物入れがあります。
電源コンセントはユニバーサルタイプですので日本のコンセントでも大丈夫。
ただし、電源電圧は200Vですので、注意してください。

また、USB電源端子もありますので、接続ケーブルさえあれば、直接スマホが充電できます。

枕元の小物入れはカギはかかりませんが、寝るときに財布やスマホなどを入れておくといいと思います。

 

ベットの広さ

身長約180cmの自分が横になった時の状態です。
入り口のロールカーテンに軽く足が降れるかどうかといった感じです。
また、横幅は十分にあり、寝返りも楽々打てました。

 

まくら元のテーブル

枕元には収納式のテーブルがあります。
ノートパソコンなどの作業ができると思います。

 

ロッカーや貴重品入れ

カギ付きのロッカー

ベットの正面にはロッカーがあります。

 

電子キー

チェックインの時、ベットナンバーが書かれたリストバンドを渡されますが、これがロッカーのカギになっています。
このリストバンドを近づけるとカギが解除されます。

ロッカーはデイパックなどの荷物が十分入るくらいの広さ。
カギはかかりますが、外出時は財布やパスポートなどの貴重品は持って行った方がよさそうです。

スーツケースや大きなザックなどはロッカーに入りませんので、皆さん廊下に並べていました。

 

シャワールームなどその他の施設

トイレ&シャワールーム

トイレとシャワーは共同になります。
自分が泊まったフロアーは、男性専用のトイレ&シャワールームがありました。
女性は女性専用フロアーを使います。

 

シャワールーム

シャワールームはそれほど広くありません。
壁には、ボディソープとシャンプーがありました。
お湯は温度、水量とも十分でした。

 

洗面所

こちらは、洗面台になります。
蛇口式ではなく、センサー式の自動蛇口でした。

 

 

カフェスペース

こちらは1階のカフェスペースです。
コーヒーなどの飲み物やサンドイッチなどの軽食があるようです。

また、カフェの隅にはPCがおいてあり、だれでも自由に使えるようでした。

もちろん、ホステル内はFree Wifiで、チェックイン時にパスワードを教えてもらえます。

 

ルーフトップバー

屋上はルーフトップバーになっていて、夜景を見ながらお酒やジュースを飲むことができます。
また、毎週土曜日はムービーナイトということで、映画を上映していました。

周囲には高い建物がなく、見晴らしは大変いいです。
空港に離発着する飛行機も見えました。

 

ルーフトップバーからの眺め

これは、朝撮影した周囲の様子ですが、遠くに海も見えました。
一応、オーシャンビューです。

 

朝食

朝食会場

ルーフトップバーで朝7時から朝食が取れます。

 

朝食

メニューは食パン2枚と飲み物(コーヒー、紅茶)です。
バターやジャムは好きなだけ付けられます。

 

まとめと感想、予約方法

このH-Ostelですが、1フロアーにたくさんのお客さんが宿泊するドミトリータイプです。
ベットはカプセルスタイルですので、周囲からみられることもなく、ある程度のプライバシーは確保されています。
また、電子キー付きロッカーなど、セキュリティーもある程度は守られています。

しかし、ドミトリーですので、どうしてもほかのお客さんの物音などが聞こえてきます。
また、部屋で音楽を聴くなど、周りの迷惑になるようなことはできません。
ですので、神経質な方などはちょっと宿泊は難しいかと思います。

実際、私が宿泊したときも、夜中に酔っぱらったお客さんが転んでちょっとした騒ぎになり、眠れませんでした。

とはいえ、クタのど真ん中で1泊1,000円以下で泊まれるホテルは、かなり魅力的です。
ビーチも近く、夜遊びにも最高な場所ですので、バックパッカーや学生さんなど、節約旅行を楽しむ方にはいいホステルかと思います。

 

今回こちらのホステルの予約はAgodaにて行いました。
料金などは、時期によって変動しますので、料金確認や予約は以下のリンクからお願いします。

>>H-Ostel Bali(Agoda)

 

また、Youtubeにもレビューをアップしていますので、ぜひこちらもご覧ください。


バリ島クタで見つけた激安ホテル!なんと1泊930円!(Hotel review H-Ostel kuta bali)