トランジットホテルとしていいかも?アヨラバリジンバラン

スポンサーリンク

アヨラバリホテル

今回ご紹介するバリ島のホテルは、アヨラバリ・ジンバラン
空港のすぐそば、ジンバランエリアにあるホテルです。

空港に近く、部屋も広く、また料金も安いという事で、トランジットや、夜着、朝出発の便の仮ホテルとして使われたらいいかと思います。
空港のそばには他にもトランジットホテルがありますが、安いホテルは部屋が狭かったり、部屋が広いと料金が高いと、なかなか満足できるところはありません。
しかし、このホテルは施設に比べ料金も安く、ロケーションもいいのでおススメです。

実はこのホテル、予約をしたときはホライゾンホテル・ジンバランでしたが、実際ホテルに行ってみたら、アヨラバリという名前でした。
フロントで聞いたら、最近経営が変わり名前が変わったという事です。

バリ島のバゼットクラスのホテルでは、よくあることで、ホテルのオーナーグループがスタッフや設備もまとめて他のグループに売られたようですね。

こうやって、経営が変わると施設はそのままで、料金がぐっと下がったりすることがあるので、安いホテルを探すには結構ねらい目です。

さて、それではこのホテルの、いいとこと、悪いところ、そしておススメなどについて説明します。
後半では、写真を使って部屋の様子などもご紹介します。

このホテルの予約照会はこちら(Agodaのアフリリンクになります)
アヨラバリジンバラン

では、最後までゆっくりとご覧いただき、バリ島旅行でのホテル選択の参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

このホテルのいいところ

  • 空港に近い
  • 部屋が広い
  • 部屋の広さに比べ料金が安い
  • バスタブがある
  • 周囲には安いワルンやコンビニがあって便利

やはり一番いいところは空港に近く安いという事です。
ただ、周囲はローカルエリアなのと、遊ぶところがないので、ずっとここに滞在というよりトランジットや飛行機の時間による仮のホテルと考えた方がいいかもしれません。

周囲はローカルエリアで、ローカル向けの安いワルンが沢山あります。
ローカルワルンに抵抗がない方は、結構楽しめると思います。

このホテルの悪い点

  • ビーチから遠い
  • リゾート感はあまりない
  • 近くにレストランやショッピングセンターはない
  • 宿泊客の大半がインドネシア国内旅行者

ジンバランというと、ビーチサイドのサンセットがきれいなホテルを連想してしまいますが、こちらのホテルはちょっとビーチから離れています。
その為、サンセットを見るのはちょっと難しいかと思います。

また、ジンバランの有名なイカンバカール屋台
そこからもちょっと離れているので、あまりリゾート感はありません。

近くはローカルエリアなので、観光客向けのレストランはないです。
ローカルワルンはちょっと苦手という方は、タクシーなどを使って移動することになります。
また、ショッピングセンターやバー、クラブといった観光客向けの夜遊びエリアはなく、スパも近くにありません。
あまり、夜出歩くといったホテルではないですね。

ホテルの立地

ホテルは、ジンバランのメイン通り、ウルワツ通り沿いにあります。
すぐそばにある、ウォーターマークホテルはHIS経営のリゾートホテルです。

空港からは車で10分程度。
また、ウルワツ通りを1時間程度走ればケチャダンスで有名なウルワツ寺院があります。

ホテルの西側にはジンバランビーチが広がり、バリ島名物イカンバカール屋台が並んでいますが、ちょっと歩いていける距離ではないですね。
南に進むと、インターコンチネンタルホテルとちょっとしたショッピングエリアがあります。
しかし、ここも徒歩圏内ではないです。残念

こんな方におススメ

一番おススメしたいのはトランジット目的の方です。

トランジットと言っても、飛行機乗り継ぎのための待機ホテルとしてだけではなく、朝発、夜着の仮の宿としてもいいでしょう。
例えば、深夜バリ島に到着し、飛行場から離れたウブドやチャングーまで移動するのが大変。
そんな時、ここに一泊して翌日ゆっくりと目的地に移動するのがいいでしょう。

また、逆に出発が早朝で、空港から離れたホテルだと朝起きるのが大変。
そんな場合、前日こちらに泊ってから空港に向かうのもいいと思います。

もちろん、深夜出発便に乗るために昼間チェックインして、夜空港に向かうといったデイユースもいいでしょう。

写真でホテルを紹介

それでは写真を使ってホテル内部を紹介します。

ベッドルーム

部屋はそこそこ広く、真ん中にダブルベットがあります。
部屋によってはツインベットのところもあります。

ベッドルーム

窓側から見ると感な感じ。
お昼寝ベットにも使える広いソファーがあります。
それと、写真左奥のスペースが結構広くて、荷物など広げるのに重宝しそうでした。

クローゼット

その広いスペースの奥にクローゼットがあります。
なかなか広いクローゼットで、横の棚も含めて収納力は高いです。
左側の扉はバスルームです

ライティングディスク

ライティングデスクはちょっと狭くて、仕事をするには不向きでした。
テレビはケーブルテレビが入っていて、NHKプレミアム、Animaxが見られました。
インターネットはFree-WifiでYouTubeやLINEもさくさく利用できます。

サイドボード

サイドボード下にはナンバー式の金庫
ベットの枕元には、コンセントがあります。
最近のホテルはちゃんと枕元にコンセントがあるので、スマホの充電に便利です。

コヒーセット

ライティングデスク上には、インスタントのコーヒーと紅茶、そして電気ポットとミネラルウォーター。
何気にドライヤーも置いてあります。

バスルーム

バスルームでうれしかったのはバスタブ付き!
バリ島在住者は普段シャワー生活なので、バスタブがあるとテンション上がります。
お湯の出も十分で、久しぶりにお風呂に入れました。

しかし、隣のトイレとの境がないので、シャワーを浴びるとき、トイレまで濡らしてしまうことがあります。
ただ、床は水はけがよい材質なので、濡れてもすぐに乾きますけど。

洗面所

広めの洗面台
ただ、ちょっと排水が遅かったですね。

アメニティグッズ

洗面の横にあったアメニティ。
シャワーキャップ、サニタリーバッグ、歯磨き、小さな石鹸、シャンプーでした
石鹸じゃなくてボディソープが欲しかったですね・・・

ルーフトップバー

ルーフトップにはルーフトップバーがありました。
この写真の右奥にもテーブルが並んでいて、ローカルの若者たちがノリノリでお酒飲んでました。
たぶんですが、ジャカルタからの旅行者じゃないかと・・・

ジンバランの夜景

このルーフトップからの夜景がきれいでした。
遠くに見える光は、海上高速だと思います。
また飛行場も近いので夜間発着便も見れましたよ

という事で、トランジット時にとても便利なアヨラバリジンバランをご紹介しました。

こちらのホテルの料金やご予約は以下のリンク先をご覧ください(Agodaアフリリンクになります)
アヨラバリジンバラン

また、YouTubeでもこちらのホテルをご紹介していますので、zゑひご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!