バリ島旅行中にスマホを充電したい!コレだけ準備すればOK




海外でスマホの充電どうやるの

バリ島旅行するんだけど、スマホの充電ってどうしたらいいの?
海外でスマホ充電する時、何持って行ったらいいの~?

え~、充電器だけ持って行けばいいんでしょ?

いやいや、バリ島の電気は日本とはちょっと違うんですよ。
だから、普段使っている充電器だけではバリ島でスマホの充電ができないんですよ。

で、何が必要かというと「カシムラ海外変換プラグ」、これが超おススメなんです。

今回はバリ島と日本の電気の違いと、スマホを充電するためのおススメ商品についてすごく簡単に説明しますね。

せっかくバリ島に行ったんなら素敵な風景やおいしい食事なんかをインスタやTwitterで拡散したいよね。
でも、スマホの電池が切れちゃったら・・・
そんなことにならないように、今回おススメする商品をもってバリ島旅行いっちゃいましょ~。

スポンサーリンク







バリ島と日本の電気の違い

バリ島は、電気の電圧が220Vプラグ形状がC型です!

って、何言ってるか、わかんないよね。
じゃあ、もうちょっと詳しく説明しますから、付いてきてね。

電気の電圧が違うと何が困るの?

電気の電圧というのは、簡単に言うと電気の力です。

日本の電気の力(=電圧)は100V(ボルト)。
日本の電気製品っていうのは、この100Vで使う事を前提に作られています。

しかし、バリ島の電圧は220V。
日本の2倍以上の力があるよね。
だから、日本の電気製品をそのままバリ島で使うと、力負けして壊れちゃうんだよ。

例えば、ドライヤーやコテ。
日本の製品をそのままバリ島で使うと、一発で火を噴いて故障しちゃいます。

気を付けようね・・・

プラグ形状ってなに??

プラグってのは、電気製品のコードの先端部分。

コンセント

この写真の右端の部分だね。
この部分を壁などにある電気コンセントに差し込んで電気製品を使うんだよね。

でもね、日本とバリ島ではこのプラグの形状が違うんだよ。

A型コンセント

これが、日本のプラグ。
A型プラグっていうんですよ。
平たい板が2枚平行に出ているね。

C型コンセント

これがバリ島のプラグ。
丸いピンが2本出ているよね。
C型プラグっていうんです。

つまり、日本のプラグとバリ島のプラグは形が違うので、日本のプラグはバリ島の電気コンセントに入らないんですよー

Right Caption

トリイ

日本とバリ島では電気の力(電圧)とプラグの形が違うから、スマホの充電器はそのままじゃ使えないんですね。

バリ島で日本の電気製品を使うには?

日本のスマホの充電器はそのままではバリ島で使えないことが分かっていただけましたか?
では、どうしたら使えるようになるか、説明しますね。

電圧の差は変圧器で調整する

日本の電圧とバリ島の電圧の違いを調整するのが変圧器って器械です。
かっこよく言うとトランスって言います。

この器械を使うと、バリ島の200Vの電圧が100Vに変わります。
そうすれば、日本の電気製品も使えるようになるんですよー。
だから、もし日本のドライヤーやコテをバリ島で使うときはこの変圧器を持ってきてね。

ところが、スマホの充電にはこの変圧器はいらないんですよ。

なぜか?

最近のスマホの充電器は100Vでも200Vでも使えるようになっているんです。
すごいですね。
さすが、最新のIT機器です!!

ってことで、スマホの充電だけなら変圧器はいりません!

プラグ形状の違いは変換プラグで解決

電圧の問題は片付いたから次はプラグ形状だね!

プラグ形状の違いを解決するのは・・・

形状変換プラグ~(ドラえもん風に)

これは、A型プラグをC型に変えるもので、下の写真のようにプラグ先端に付けて使います。

A-Cアダプターを装着したところ

これがあれば、日本の充電器もバリ島で使えるようになります~

Right Caption

トリイ

スマホの充電器をバリ島で使うには、形状変換プラグだけあればOKってことだね

おススメの形状変換プラグの比較

では、この形状変換プラグ、どんなのがいいの?
それと、どこで買ったらいいの?

変換プラグですが、沢山の種類が出ています。
そこで、その中からおススメの3種類を紹介します。

それと、この変換プラグ、Amazonでも売っています。
Amazonのリンクも貼っておくので、気に入ったのを買ってね。

海外変換プラグUSBポート付き

まずは、こちら!
世界中ほとんどの国で使える変換プラグ
しかもUSBポート付きだから、スマホの充電器がなくても充電できちゃう。

USBポート付きと言っても、スマホによってはうまく充電できない事もあるそうです。
また、結構壊れやすいという欠点もあります。

TRYACE 海外変換プラグ

こちらも、世界中ほとんどの国で使える変換プラグ
USBポートは付いていないから、充電器は必要だけど、安全性は高いという事です。
またとても小さいので、旅行バックのポケットに入れておけば、忘れないで持って行けますね。

でもちょっと値段が高いですよね。
USB端子もついていないのに・・・

カシムラ海外用変換プラグC型2個セット

こちらは、USB端子もついていないし、バリ島でしか使えない変換プラグです。

でも、すごく安い!
そして、構造が簡単なので壊れない!

これなら、旅行鞄の中に入れっぱなしでもいいんじゃないかと思います。

Right Caption

トリイ

3種類の変換プラグを紹介しましたが、この中で一番のおススメは・・・

一番のおススメはカシムラ海外用変換プラグC型

僕の一番のおススメは「カシムラ海外用変換プラグC型
その理由は

  • とにかく安い!どこかで落としても惜しくない
  • 構造が簡単なので壊れない
  • 小さいから旅行鞄などのポケットに入れっぱなしにしておける

ってこと。

だけど、バリ島でしか使えないんでしょ?

はい、その通りです。
でもね、バリ島以外の所に行く??
世界中を飛び回るんなら、これでは不足かもしれないけど、バリ島にしか行かないんなら、これで十分じゃない?

バリ島以外に行かないのに、150カ国対応なんて本当にいる???
もったいなくない?

実際、僕もこの変換プラグ、旅行者時代からずっと使っています。
バリ島に来るとき、10個くらいまとめ買いして、まだ使っているんですよ。

ってことで、バリ島でスマホの充電をするには!
カシムラ海外用変換プラグC型
これさえあれば、大丈夫って事でした~

ぜひ、バリ島に来るときには忘れずに買っておいてね。
忘れたら、スマホは文鎮にしかならないよっと。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!