バリ島でSIMロックスマホを使うのならレンタルWifiがおススメ

SIMロックスマホをバリ島で使う方法

バリ島旅行中に自分のスマホを使いたい
でも、私のスマホはSIMフリーじゃないんだ

バリ島で自分のスマホを使うのなら現地SIMを入れるのが一番お得!
なぜお得なのか、他の方法はないのか?という疑問を持ったら以下の記事をご覧ください。
>>バリ島でスマホ・携帯を使う方法

でも、SIMロックされたスマホや携帯は現地SIMカードは使えない。
ローミングサービスという方法もあるが、通信費が高額になる。

そこで、おススメするのがレンタルWifi!SIMロックされたスマホをバリ島で使うのなら、このレンタルWifiが一番!

この記事では、レンタルWifiがおススメな理由や、借り方、使い方などを解説します。

この記事を読んで頂ければ、SIMロックされたスマホをバリ島で使う方法が理解できます。そして、旅行中の思い出をLINEやInstagramで友達に伝えましょう。

レンタルWifiをおススメする理由

SIMロックがかかったスマホでネット接続するには、いくつかの方法があります。
その中でレンタルWifiをおススメする理由他の方法と比較しながら解説します。

方式コストエリア設定安全性
無料Wifi×
ローミングサービス×
レンタルWifi
バリ島旅行中ネット接続方式の比較

無料Wifi

カフェでFree-Wifi

ホテルやカフェ、レストランでは利用客にサービスとして無料Wifiを提供しています。
ただし、お店から出るとWifiの電波が切れてしまいます
また、無料Wifiはセキュリティーが甘いと言われており、ウィルスなどの侵入やパスワードなどの漏洩の危険性が指摘されています。

ローミングサービス

普段使用している通信会社(docomo、Softbank,au)の機能で、海外に行っても普段と同じように電話やネット通信ができるサービスです。

現地のインターネット網を利用しているので、よほど田舎に行かない限りネットが切れることはありません。
また、手続きも簡単で、特別な設定などもいらないのが魅力です。

ただし、通信費がとても高く、1日当たり2,000円~3,000円かかります。
その為、帰国したら何万円もの請求が来たという事も!

レンタルWifi

レンタルWifiとは、小型のWifiルーター(接続機器)をレンタルし現地のネットに接続する方法。
Wifiルーターは電池で動く小型の電子機器なので、ポケットやカバンに入れて外に持ち出すことができ、常時ネット接続が可能です。

Wifiルーターは日本国内で購入することもできますが、そこそこ値段も高く、1回限りしか使わないのなら勿体ない。
そこで、レンタルWifiをおススメします。

SIMロックがかかったスマホを使う方法は何種類かありますが、その中でもレンタルWifiは使い勝手がよく、費用もそれほど高くないのでイチオシです。

レンタルWifiの借り方と使い方

レンタルWifiの借り方と使い方を流れに沿って説明します。

  • ネットでレンタルWifiを予約
  • レンタルWifi受け取り
  • 説明書に従いスマホと接続
  • 現地で利用
  • 帰国後レンタルWifi返却

レンタルWifiの予約

ポケットwifiには複数のブランドがあり、どこもインターネットで予約受付しています。
次章でおススメのブランドを何社かご紹介しますので、気に入ったところがあればそこのサイトから予約してください。

費用についてはクレジットカード決済の他、口座振り込みやコンビニ支払いなどが使えて便利です。

レンタルWifiの受け取り

空港ターミナル

受取は宅配便で自宅に送ってもらうか、空港の窓口で受け取るの2パターンがあります。

自宅配送だと、留守にしていたら受け取れないとか、直前では配送に間に合わないなど問題がありますので、空港受取をおススメします。
ただし、飛行機の出発時間が朝早くて窓口が開いていないとか、利用する空港に窓口がないといった場合は、自宅配送となってしまいます。

スマホとの接続

レンタルWifi本体は旅行先ごとにちゃんと設定がしてありますので、電源のOn-Offや充電以外、設定はありません。

唯一あるのは、このレンタルWifiと自分のスマホとの接続ですが、これも普段のWifi接続と要領は一緒です。
レンタルWifiについている説明書に従い、スマホ設定を変更してWifi接続すればそれでOKです

現地での使用方法

バリ島でスマホを使おう

現地についたら、レンタルWifiの電源をONにしてネット接続を開始します。
あとは、通常と同じようにスマホを使ってネットやLINEを楽しみましょう。

ポケットWifiは充電池で動いていますから、夜間ホテルで充電をすることを忘れずに。

無制限プラン以外でレンタルしている方は、YouTubeなどの動画を見たりするとあっという間にギガが無くなり、接続が切れてしまいます。
動画などギガを多く消費するコンテンツはホテルやカフェの無料Wifiを使うようにしましょう。

レンタルWifiの返却

帰国したらレンタルWifiを返却します。
返却方法は空港窓口での返却か宅配便での返却となります。

どちらもそれほど手間はかかりませんが、空港で返却した方が簡単ですので、こちらをおススメします。
ただし、到着便の時間の関係で窓口が開いていないとか、空港に窓口がないといった場合は宅配便返却となります。

レンタルWifiは借りるのも返すのも、使うのもとってもカンタン!料金もカード決済なので手間いらずですね。

おススメのレンタルWifi

私がおススメするポケットWifiレンタルのブランドと料金を紹介いたします。
(2021年4月調査・インドネシアバリ島で利用可能なサービス限定)

サービス名通信速度容量(ギガ)利用料金/1日
グローバルWifi4G600MB689円
4G1.1GB883円
4G無制限983円
イモトのWifi4G500MB790円
Wi-Ho!4G500MB690円
4G1GB900円
4G無制限1000円
JAL ABC4G無制限1000円
レンタルWifiサービス一覧

無制限プランでも1日1,000円です。しかし、普通に使うのなら500MBもあれば十分。そう考えるとWi-Ho!が一番安いですね。

よくある質問

現地でWifiルーターをレンタルできませんか?

バリ島でWifiルーターをレンタルしているお店はほとんどありません。
その理由は需要がないから。

現地の方や外国人観光客はSIMフリー携帯を持っていますので、現地SIMを購入して使っています。
そのため、Wifiルーターのレンタル需要は日本人観光客しかないのです。

現地旅行会社の中には自社ツアーのお客様対象にレンタルWifiサービスを行っている所もありますが、フリーの方向けのサービスはほとんどありません。

Wifiルーターを購入してしまえばいいのでは?

1回しか行かないようなバリ島旅行のために数千円もするWifiルーターを買うのは非常にもったいないです。

また、何度もバリ島に行かれる方はWifiルーターを買うのではなく、SIMフリー携帯を買って現地でSIMを入れた方がお得です。
SIMフリースマホ、バリ島では1万円程度から売っています。

バリ島の空港ではWifiが使えますよね

バリ島の空港では手続きなしで無料のWifiが利用できます。

ただし、空港の建物を出るとWifi電波が届かなくなり、ネット接続はできなくなります。
空港でネットを使うだけならいいのですが、常時接続するのなら、レンタルWifiをおススメします。

バリ島って4Gですか?

クタ、スミニャック、ヌサドゥア、サヌール、ウブド、チャングー、ジンバランといった、観光客が多いエリアは4Gです。
ただし、郊外に出ると4Gが入らずに3Gとなります。

4GプランのポケットWifiなら、3Gエリアに行っても自動的に切り替えますので、通信速度が遅くなるだけで使えなくなるという事はありません。
3Gプランの場合は、バリ島のほとんどの場所でネットが使えますが、通信速度はどこに行っても遅いです。

観光客のいない田舎にずっと滞在するという事でなければ4Gプランを選んでおいた方がいいかと思います。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!