バリ島など複数の訪問国でスマホ使うなら海外SIMが便利

いろんな国でスマホを使う

海外旅行にSIMフリーのスマートフォンは必需品ですよね。
現地でSINカードを買って入れれば、どこでもスマホが使えます。

でも、複数の国に行くとき、国を変わるごとにSIMカードを買うって面倒じゃないですか?販売店を探して、カードを入れ替えて、設定をし直して・・・

本当に、面倒!って思ったら~海外SIMカードを使いましょう!
海外SIMカードには複数の国でそのまま使えるものがあります。
つまり、入れっぱなしでOKって事ですよね

この記事では、海外SIMカードの利点や注意点、そしておススメのカードも紹介します。

海外SIMカードなら、飛行機を降りたら、すぐに通信可能
もたもたカードを交換している間に、サクッと空港を後にして旅をスタートさせるなんて、クールじゃないですか!
海外旅行に行くのなら、海外SIMカード、忘れずにね!

自分は一カ国しか行かないよー、って方は以下の記事を参考に現地SIMカードをご利用ください。
>>現地SIMカードの購入方法と価格
>>バリ島旅行スマホ活用術

海外SIMカードとは?

海外SIMカードとは、海外旅行で利用することを目的としたSIMカードで、特に複数の国で使えるカードを言います。

このSIMカードはDocomoや softbankなどの携帯ショップではなく、家電量販店やAmazon、楽天などのネットショップで購入。
カードの中には、1カ国でしか使えないものもあるので、買う時には注意してね。

とても大切なコト!
海外SIMカードを使うにはSIMフリー携帯・SIMフリースマホが必要です。
自分の携帯がSIMフリーでなかったら、携帯ショップに行ってSIMフリー化してもらいましょう。

海外旅行に行くのならSIMフリー携帯は必需品だよね

海外SIMカードの利点

海外SIMカードには次のような利点があります。

  • 複数の国で特別な設定なしで使用可能
  • 日本国内で購入できる
  • チャージが無駄にならず経済的

複数の国で使用できる

多くの海外SIMカードは複数の国で利用できます。
これは、海外ローミングというシステムを利用しているから。
特別な設定も何もいらず、飛行機を降りてスマホの電源を入れたら、即使用可能となります。

日本国内で購入できる

海外SIMカードは大型電気店や通販で購入可能。
海外の販売店で、なれない英語や外国語を使い汗だくになりながらSIMカードを買うなんて必要はありません。

旅行出発前に、サクッと準備してクールに旅行に出かけましょう。

チャージが無駄にならず経済的

海外SIMカードはプリペイド式。通話料は事前にチャージしておきます。
1カ国しか使えない現地SIMカードは、チャージしてある通話料が残っていても、出国したらもう使えません。
勿体ないね。

でも複数国で使える海外SIMカードなら、次の訪問地で残っているチャージが使える。
経済的ですよねー

IMEI登録などの登録が不要

IMEI登録とは、2020年9月よりインドネシアで始まった、海外から持ち込まれる携帯・スマホの事前登録制度。
海外からスマホなどを持ち込む場合、事前にIMEI登録をしておかないと、インドネシア国内で通信・通話ができなくなります。

※旅行者の場合、IMEI登録は事前に行わなくても、現地SIM購入時に販売店で行ってくれます。ただし、この場合登録日から90日間しか利用できません。

ただし、これは現地SIMを使う場合。
海外SIMはローミングというサービスを使っているので、IMEI登録をしなくてもインドネシア国内での通話・通信が可能です。

他にも現地SIM利用時には、利用者登録などの手続きがあります。
SIM販売店ですべて手続きをしてくれますが、パスポートが必要です。
海外SIMならこのような面倒な手続きは不要です。

複数国を訪問するのなら海外SIMカード!

海外SIMカードを使うときの注意点

海外SIMカードを購入・使用する時は次の事に気を付けてください。

  • カードサイズに気を付けよう
  • 音声通話の有無
  • 容量タイプか期間タイプか
  • 通信規格
  • APN設定

 カードサイズに気を付けよう

SIMカードには

  • 標準SIM
  • マイクロSIM
  • ナノSIM

の3つのサイズがあります。
カードを購入するとき、カードサイズが自分の携帯・スマホにあっているか確認しましょう。

ただし、最近のSIMカードはほとんどが全サイズ対応になっていますので、それほど心配することはありません。

音声通話の有無

海外SIMカードには

  • データ通信専用
  • 音声通話+データ通信

の2種類があります。

データ通信専用だと、音声通話はできませんが、LINEやSkypeなどのアプリは使えますので、固定電話にかけることがなければ、データ通信専用で十分でしょう。

「容量タイプ」か「期間タイプ」か

海外SIMカードには既定の通信量(1GBとか3GBなど)まで使える容量タイプと、「14日間」とか「30日間」のように使える期間が決まっている期間タイプがあります。

期間タイプの方がお得なように感じますが、1日当たりの通信料が決まっていて、それを超えると、翌日まで回線速度が極端に遅くなります。

海外への滞在が一か月以内と短期間の場合は「容量タイプ」の方が使いやすいと思います。

通信規格

日本では携帯の通信規格(通信速度)は4Gですが、海外SIMカードの中には3G対応というものがあります。
自分の携帯が4G対応でしたら、4G対応カード、3G対応カードどちらでも使えます。

自分の携帯が3G対応でしたら3G対応カードしか使えませんので、注意してください。

現在、外国人旅行客が行くような所は、ほとんど4G対応となっていますが、中には3G通信網しかないような場所もあります。
訪問国、訪問地の通信状況など事前に調べておくといいですよ。

APN設定

海外SIMカードを使う場合は、そのカードにあったAPN(アクセスポイント)設定というものを行わなくてはいけません。
設定方法は、海外SIMカードのパッケージに記載されています。

ほとんどの携帯は自動でAPN設定を行いますが、設定がうまくいかない場合はSIMカードの説明書に沿って手動で設定してみてください。
現地に到着してから、あたふたとAPN設定をしてもうまくいかないことがありますので、日本出発前に一度海外SIMカードを携帯に挿入してAPN設定をやってみましょう。

購入前に一応確認しておこう

おススメ海外SIMカード

それでは、おすすめの海外SIMカードをご紹介します。

ここでご紹介する海外SIMカードはすべてインドネシア・バリ島でをはじめ東南アジアでご利用いただけるものです。

AIR SIM

世界102か国で使えるデータ通信専用のSIMカードです。
カードを購入したら、専用のアプリをダウンロードして、行く国に合わせた通信プランをオンラインで購入します。
バリ島では、4G回線が利用でき、オプションで音声通話も使えるそうです。

オンラインで通信プランの購入ができるので、旅行中に通信量が制限値まで行っても買い足しができるから便利ですね。

AISプリぺイドSIM

タイのAIS社のSIMカードで世界70カ国に対応しています。
通信料が4GBで8日間の使用が可能。
通信速度は4G/3G対応。

1~2週間以内の旅行で、タイやシンガポールに寄られる方におススメです。

ThreeプリペイドSIM

イギリスに本社のある通信会社ThreeのSIMカードで世界71カ国で使用できます。ヨーロッパや東南アジアで使えるので、ワールドワイドに活躍する人向け。
データ通信12GBと大容量ですが、通信速度は3Gとなります。

商品タイトルには音声通話も可能となっていますが、一部の国では音声通話はできないようです。
使用可能期間は30日間あるので、長期滞在される方にいいかと思います。

私はAIR SIMがおススメです!日本一時帰国の時も使っていますよ


今回は海外SIMカードをご紹介しました。
SIMフリー携帯を持っているのなら、海外旅行に出かけたら現地SIMを使うのが一番のお得。でも複数国を訪問する場合、行く先々でSIMカードを購入し入れ替えるなんて面倒ですよね。

そんな方は、ぜひ海外SIMカードをご利用ください。
複数国でそのまま使えるSIMカードですから、行く先々での購入やカード入れ替えの必要はなし。
飛行機を降りたらサクッと通話ができ、とてもクールじゃないですか。

海外旅行が多い方、ぜひ試してみてください。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!