バリ島現地SIMカード購入方法と持ち込み関税(IMEI登録)

SIMカード購入方法

この記事はバリ島でSIMカードを購入する方法とインドネシアの携帯、スマホ持ち込み関税(IMEI登録)について紹介しています。

バリ島旅行中にスマホ、携帯を使う方法はいろいろありますが、SIMフリー携帯をお持ちなら現地SIMカードを使うのが一番お得です。
現地SIMカードは身分証明書さえあれば誰でも購入することができ、通話料もとてもリーズナブル。

でも、どこで購入すればいいのか、設定などの手続きはどうしたらいいのかよくわからない

そんな方のために、この記事では、バリ島でのSIMカードの購入や設定の方法、そして入国時の関税、IMEI登録などについて簡単に解説します。

いまやスマホや携帯電話は無くてはならないアイテムですよね。
特に海外旅行中は、日々の出来事や素敵な写真などをSMSなどにアップしたいものです。
ぜひこの記事を読んでバリ島でSIMカードをゲットして素敵な旅行の思い出を友達たちとシェアしましょう。

現地SIMを使うには、SIMフリー携帯、スマホが必要です。
もし、自分のスマホがSIMフリーでなかったら、以下の記事を参考に別の方法を検討しましょう。
>>バリ島スマホ利用術

バリ島以外にも複数の国に行くのなら海外SIMカードがおススメ
>>複数国に行くのなら海外SIMカード

SIMカードの購入・設定方法

SIMカードの購入

SIMカードの購入は、空港や街中にある携帯ショップや通信会社の売店、窓口などで購入します。

日本と違い、バリ島の携帯、スマホはプリペイド方式。
あらかじめカードにプルサと言われる通話料金をチャージ(課金)しておき、それを使って通話やデータ通信します。

売店やショップではすでにいくらかのプルサがチャージされたSIMカードが売っていますから、これを購入し、携帯、スマホに挿入すればすぐに通話、データ通信ができるようになります。

電話番号はあらかじめSIMカードに入力されています。
カードのパッケージに電話番号が表示されていますので、好きな番号を選ぶことができます。

SIMカードの開通作業

SIMカードを買って携帯、スマホにセットすればすぐに通話ができる、と説明しましたが、購入後にSIMカード開通作業が必要です
この開通作業、ちょっと面倒なのでここは店員さんにお任せしましょう。
店員さんも心得たものですので、すぐにやってくれますよ。

開通作業をお願いする時にちょっと注意事項があります。
それは、スマホを英語表示にする事とパスポートを用意する事。

店員さんは日本語はわからないので、スマホの表示を英語にしてあげましょう。
また、開通作業には利用者登録が必要なので、コピーでいいのでパスポートを用意しておきましょう。

プルサのチャージ

新品のSIMカードにはプルサという通話料金があらかじめチャージされています。通話やデータ通信するたびにプルサが減っていき、ゼロになったら通話やデータ通信ができなくなります。

プルサが残り少なくなったら、再課金・チャージしましょう。

チャージは、IndomaretやAlfa Martといったコンビニで行うのが一番簡単。
スマホをもってコンビニに行き、店員さんにお願いしてチャージしてもらいます。

パケットの利用がお得

各通話会社は通話料とデータ通信料金がセットになったお得なパッケージを販売しています。
「○○分の通話+○○GBのデータ通信でRp○○」というように大変お得です。

SIMカードを購入する時、このパッケージがすでにチャージされているカードを購入すれば、LINEやネットなどのデーター通信もできるし、通話もできるので、おすすめですよ。

SIMカードの購入場所と料金

SIMカードは、いろいろな場所で売っていますが、ここではその代表的な場所と料金を紹介します。
ただし料金は2019年調査なので、現在とは若干違っている可能性があります。

空港到着ロビーの売店

デンパサール空港SIMカード売店
デンパサール空港到着ロビーのSIMカード販売店

デンパサール空港国際線ターミナル、税関ブースを抜けて出口に向かう途中にSIMカード販売ブースがあります。
ここには、Telkom-sel、XL、Indosatの3社のブースがありますが、取材当日はTelkom-selとXLのみ営業していました。

Telkom-Sel

SIMカード価格表(Telkom-sel)
Telkom-Sel SIMカード料金料
使用可能期間データ通信量音声通話料金
7日間無制限国内フリーコールRp250,000
(1,923円)
30日間8GB国内15分Rp150,000
(1,154円)
30日間18GB国内15分Rp200,000
(1,538円)
30日間21GB国内フリーコールRp250,000
(1,923円)
30日間23GB国内フリー+
海外20分間
Rp300,000
(2,308円)
30日間25GB国内フリー+
海外30分間
Rp350,000
(2,692円)
30日間30GB国内フリー+
海外60分間
Rp400,000
(3,077円)
30日間37GB国内フリー+
海外60分間
Rp450,000
(3,462円)
30日間50GB国内フリー+
海外60分間
Rp500,000
(3,846円)
Telkom-Sel SIMカード料金(2019年10月調査)

Telkom-selはインドネシア最大の通信会社で、日本でいうとNTTにあたる会社。
通信サービスエリアはバリ島全域となっています。
こちらのSIMは、すべて音声通話も可能ですが料金によって通話可能時間が変わります。

XL

SIMカード価格表(XL)
XL SIMカード料金表
用可能期間データ通信量音声通話料金
7日間無制限XLフリーコールRp250,000
(1,923円)
14日間無制限XLフリーコールRp350,000
(2,692円)
30日間8GBXLフリーコールRp150,000
(1,154円)
30日間18GBXLフリーコールRp200,000
(1,538円)
30日間21GBXLフリーコールRp250,000
(1,923円)
30日間23GBXLフリーコールRp300,000
(2,308円)
30日間25GBXLフリーコールRp350,000
(2,692円)
30日間37GBXLフリーコールRp450,000
(3,462円)
XL SIMカード料金(2019年10月調査)

XLは新興の通信会社で、通信サービスエリアは大きな街なら全域ですが、田舎の方に行くと圏外になる事もあります。
すべてのSIMカードにフリーの音声通話が付いていますが、同じXL同志の通話で、別会社のSIMカードを入れているスマホ、携帯とは通話はできません。

通信会社支店窓口

通信会社使用可能期間データ通信量料金
Telkom-sel30日間6.5GBRp100,000
(770円)
Telkom-sel30日間9GBRp150,000
(1,155円)
Telkom-sel30日間15GBRp200,000
(1,538円)
Telkom-Sel SIMカード料金(2021年4月調査)

通信会社の支店窓口や直営店での料金になります。
デンパサール市内や県庁所在地には、各通信会社の支店があります。
ウブドでは、ラヤクタ通りにTelkom-selの支店があるだけです。

街中の携帯ショップ

通信会社使用可能期間通信容量料金
Telkom-sel30日間9GBRp75,000
(577円)
XL30日間4.5GBRp35,000
(270円)
XL30日間8GBRp50,000
(385円)
携帯ショップでのSIMカード料金(2019年10月)

バリ島は携帯電話普及率(保有台数/人口)が100%を超えているので、かなりの田舎でも携帯電話やSIMカードを扱う携帯ショップがあります。
そのような携帯ショップでは、かなり安くSIMカードが売られていることがあります。

どこで購入するのが一番いいのか

バリ島内では、いたるところでSIMカードが手に入りますが、どこで買うのが良いのかをご紹介します。

すぐに使いたいのなら空港

バリ島に到着してすぐに携帯、スマホを使いたいのなら、空港到着フロアーのSIMカード販売店で購入するといいでしょう。
通話をするための利用者登録などもその場で行ってくれます。
少々、値段は高いのですが、すぐに携帯、スマホを使いたいというのなら、空港到着フロアー売店で買うのがおススメです。

空港で買い忘れたのなら通信会社窓口

もし、空港で買い忘れたのなら、通信会社の窓口もしくは直営店がおススメ。
こちらも、購入したらその場で利用者登録をしてもらえるので、すぐに使用することができます。
空港で買えなかったけど、すぐに使いたいというのなら、通信会社の窓口です。

なるべく安く買いたいのなら街の携帯ショップ

すぐに使えなくてもいいから、安いところがいい、というのなら街の携帯ショップです。
利用者登録などで半日~1日くらいかかる事もありますが、値段は一番安い。
費用に拘る方は携帯ショップへ。

いくらくらいのSIMカードを買えばいいのか?

ほとんどのSIMカードは利用有効期間が30日です。
違いは通信データー量になります。

バリ島に滞在期間が一週間程度なら、4~5GBの通信量で充分です。
特に、ホテルにフリーWifiがあると、4GBでも使いきれません。
旅行でバリ島に来られるのなら、一番安い(通信料が少ない)カードにしましょう。

空港で7日間や14日間で無制限のカードが売られています。
屋外でYouTubeをずっと見ているとか、YouTubeなどのライブ中継をやるという事でない限り、無制限は不要です。

持ち込み関税とIMEI登録

日本など海外から携帯、スマホをバリ島内に持ち込む場合、IMEI登録と関税の支払いが必要です。
ただし、旅行者など短期間しか滞在しない方は不要です。

IMEI登録

IMEIとは、各携帯電話、スマホに割り当てられた固有番号です。
海外から携帯、スマホをバリ島・インドネシアに持ち込む場合は、インドネシア税関の専用サイトから持ち込む機器のIMEI番号を登録します。

IMEI登録に関しては以下のブログが詳しいです。
>>携帯電話のIMEI登録って何? | Plus62
>>スマホのIMEI登録と持ち込み関税の金額

関税の支払い

海外からバリ島・インドネシアに携帯、スマホなどのモバイル機器を持ち込む場合は、関税(税金)を支払わなくてはいけません。

空港到着時に空港税関に申告し、IMEI登録をしたモバイル機器の税金を支払います。
空港関税で申告すれば一人当たり$500の免税を受けることができます。

空港で申告しなかった場合、到着から60日以内でしたらデンパサール市内の税関で申告ができます。
ただしこの場合は、$500の免税は受けることができません。

こちらのブログは、実際に日本からiPhoneを持ち込ん場合の関税などについて詳しく解説していますので参考にしてください。
>>インドネシアiPhoneSE2のお値段

旅行者はIMEI登録も関税も不要

このIMEI登録や関税支払いは、滞在が90日以内の旅行者は不要です。
事前にIMEI登録する事も、税関に申告する必要もありません。

ただし、SIMカードの開通作業をするとき、関税に関する手続きが必要ですが、店員さんもわかっているので、すべてお任せして良いでしょう。

SIM カードの購入方法と持ち込み関税のまとめ

バリ島旅行中に携帯、スマホを利用するのなら現地SIMカードを使うのが一番安上がりです。
現地SIMカードは街中の携帯ショップなどで入手可能。
開通作業などはすべてショップ店員さんにお任せすれば大丈夫です。
その際、身分証明書としてパスポートを忘れずに持って行きましょう。

バリ島のSIMカードはプリペイド式。
購入したカードにはあらかじめプルサという通話料がチャージされています。
もし、プルサが足りなくなったら、コンビニなどで再チャージしましょう。

バリ島・インドネシアに携帯やスマホを持ち込む場合は、IMEI登録と関税の支払いが必要です。
ただし、90日以内しか滞在しない旅行者はIMEI登録も関税の支払いも必要ありません。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!