バリ島ウブドエリアのおすすめ移動手段

バリ島ウブドエリアの移動手段

この記事ではバリ島ウブドエリアのタクシーやバスなどを使った移動手段を紹介しています。

海外で観光地などを移動する場合は、鉄道、路線バス、タクシーを使うのが一般的です。
バリ島の場合は鉄道がないので、タクシーやカーチャーターを使って移動するケースがほとんど。
しかし、日本人観光客に人気のウブドエリアは、バリ島の他のエリアと移動手段が若干違います。

ウブドエリアはローカルタクシーと言われる地元のトランスポート業者の力が強く、他エリアのようにメータータクシーやオンラインタクシーが使えません。
それでは、旅行者はどのような移動手段でウブドエリアの観光をしたらいいのでしょうか?

今回はウブド在住の筆者がウブドエリアのすべての移動手段とおススメの方法をご紹介します。

この記事を読んで頂けば、ウブドエリアでの最適な移動手段がわかります。
最適な移動手段を選ぶことにより、ストレスフリーのバリ島旅行を楽しむことができます。
特に初めてバリ島・ウブドエリアを訪れる方は、ぜひ最後までお読みください。

タクシーで移動

ウブドではメータータクシーやオンラインタクシーは禁止

ウブドエリアでは一般的なメータータクシーやGrab Taxiなどのオンラインタクシーを使うことはできません。
協定によりメータータクシーなどがお客さんを拾う事が禁止されているから。

タクシー等で他のエリアからウブドまで来ることはできるのですが、ウブドでタクシーを拾うことができないのです。

なぜ、お客さんを拾う事が禁止されているかというと、地元のローカルタクシー保護のため。
ホテルやレストランなどには、メータータクシーなどを利用しないよう、村から要請されています。
そして路上でお客さんがタクシーなどを拾おうとすると、ローカルタクシーのドライバーたちがそれを阻止するんですね。
タクシードライバーも、ウブドは乗車禁止なのを知っており、トラブルになるのを嫌がりお客さんが呼んでも、断られることがあります。

以前はウブドエリアはタクシーご法度でしたが、パンデミックによる観光客減少により、若干風向きが変わってきたように感じます。

ローカルタクシーで移動

ローカルタクシーとは?

ローカルタクシーとは、地元のドライバーによるノンメーターのタクシーで、日本でいう白タクのようなもの。
メーターは付いておらず、運賃は乗車前の交渉で決定します。

このローカルタクシーを束ねているのが、村の組織(組合)。
地元の組織なので、レストランやホテルなどに、なるべく自分たちの組織のドライバーを使うように圧力をかけています。
また、路上でメータータクシーやオンラインタクシーがお客を載せようとすると、ローカルタクシーのドライバーが集まり、乗車を阻止しようとします。

旅行客にとっては、ちょっと不条理な感情を持ちますが、村の観光協会や警察もローカルドライバーに対しては黙認という形をとっています。

ウブドのローカルタクシーはどこで拾うのか?

ローカルドライバーの使い方

ローカルタクシーは、観光客の多い場所で毎日客引きをしています。
観光客とみれば、すぐに声をかけてくるので、すぐに見つかりますが、だいたい以下の場所に行けば見つけることができます。

  • ウブド王宮周辺
  • Cocoスーパーマーケット駐車場
  • PRAMAシャトルバスターミナル周辺
  • 主要道路の交差点付近
  • プリルキサン美術館周辺

ウブドのローカルタクシー料金相場

ローカルタクシーはメーターが付いておらず、料金は交渉制。
乗車前に行き先を告げて、料金を交渉によって決めます。

現在は、以下のようにおおよその料金相場が決まっています。
(2020年時点での相場)

  • 王宮からCocoスーパーマーケットまで Rp50,000
  • 王宮からデルタデワタスーパーマーケットまで Rp100,000
  • 王宮からサンギンガンのホテルまで Rp100,000
  • 王宮からサヤン村のホテルまで Rp150,000-Rp200,000
  • 王宮からパヤンガン村のホテルまで Rp200,000-Rp300,000

ウブドのローカルタクシー営業時間

営業時間は朝8:00ごろから夕方17:00ごろまで。
18:00を過ぎれば、1台もいなくなります。

ただし、バリ舞踊公演を行っている会場では、踊りを観た帰りの観光客を狙い21:00過ぎまで客引きをしているドライバーもいます。
夜遅いという事で、足元を見て相場以上の料金を言ってくるドライバーもいますので、しっかりと交渉してください。

早朝や夜などに使う場合は、事前に予約をしておくことをおススメします。
日中街で客引きをしているローカルタクシーに声をかけて予約します。
その際は、ピックアップの場所と時間、そして料金を決めておきましょう。
また、ドライバーの名刺をもらっておくといいでしょう。

ウブドから空港や南部エリアまでの移動

空港や南部エリアまでの移動も引き受けてくれます。
ただ、あまり遅い時間だと断られる事もありますので、そのような場合は事前に交渉しておくことをおススメします。

ウブドから空港までの運賃相場はRp350,000~Rp400,000くらい。
メータータクシーより若干高い料金になります。

ウブド周辺の観光地への移動

ウブド周辺の観光地への移動もローカルタクシーは喜んで引き受けます。
周辺の観光地には、客待ちタクシーや公共バスはありませんので、通常往復で依頼することになります。

料金ですが、メータータクシーに比べ割高になります。
特に、行き先が一か所だと、大変割高になるので、何か所かまとめて周遊するチャーターを依頼した方がお得です。
ウブド周辺の観光地をぐるっと回って、4時間程度でRp300,000~400,000位になります。
テガラランのライステラスまで往復利用でRp200,000~250,000くらい請求されますので、チャーターで依頼した方がお得ですよね。

使用上の注意事項

ローカルタクシーを使う場合の注意事項です。

  • 料金は乗車前に必ず交渉し、納得いかなければ利用しない。
  • チップをねだる場合があるが必要時以外チップは払わない
  • ホテル名はしょうがないが、部屋番号や名前は教えない
  • 車内で観光ツアーやチャーターの誘いがあるが必要なければ無視する
  • 言葉が通じない場合があるので、ホテルのネームカードなどを持って行く

バリ島のローカルタクシーについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。
バリ島のローカルタクシーでの移動方法と注意点

ウブドでに移動や観光にはこのローカルタクシーを使うケースが一番多いと思いますので、利用方法などはしっかりと覚えておきましょう。

カーチャーターで移動

ウブド周辺の観光地巡りなどはカーチャーターを依頼するのが一番いいでしょう。
ローカルタクシーもお願いすればチャーターできますが、料金は若干高くなりますし、あまり日本語ができるドライバーがいないので、事前に日本語カーチャーターを依頼しておく方が安心です。

特に、南部ビーチエリアから日帰りでウブド観光に来る場合は、ホテル出発時からカーチャーターに頼んだ方が、トータル的に安くなります。
ウブドに来てから移動方法を探す手間も省けますので、観光地巡りはカーチャーター利用が一番のおススメです。

日本人観光客向けのカーチャーターは「バリ島 カーチャーター」のキーワードで検索すれば、すぐに情報が集まります。
カーチャーターの選択は、料金などの他にも、口コミ情報も集めて総合的に判断されるのが良いでしょう。

バリ島のカーチャーターを使った移動手段やカーチャーター会社の選択方法などは以下の記事で詳しく説明してあります。
バリ島カーチャーター失敗しない選び方

南部エリアからウブドエリアの観光される場合は、このカーチャーターが一番使いやすく安全ですよ。

路線バスで移動

バリ島の路線バス・トランスメトロデワタ

2020年よりインドネシア国営の路線バス・トランスメトロデワタが運行を始め、その一部路線がウブドエリアでも使う事ができます。

ウブドエリアは、ハヌマン通りやモンキーフォレスト通り、ラヤウブド通りといった中心部を巡回し、デンパサールのウブンバスターミナルまで運行中。
日中は15~20分間隔で運行されており、ウブドの中心部を巡回しているので、買い物や街ブラに使われるといいでしょう。

運賃ですが、2022年5月現在、なんと無料。
ただし、乗車の際はマネーカードというカードが必要で、これはIndomaretやAlfa Martといったコンビニで購入できます。

ウブドエリアは朝6時ごろから夕方18時ごろまでの運行。
夜は運行していないので、ディナーや踊り見物の時は使えないので注意してください。

バリ島のおススメ路線バス・トランスメトロデワタについては、以下の記事で乗り方や路線図など紹介しています。
ご利用前に一度ご覧になってください。
バリ島公共路線バス・トランスメトロデワタ

社内はきれいでクーラーも効いているので、かなり快適。料金も安いので気軽に使う事ができますね。

シャトルバスで移動

シャトルバスはウブドエリアとクタやスミニャックなどをつなぐ私営バス。
ウブドエリアからはクラクラバスとPRAMA社と2つのシャトルバスが出ています。

クラクラバスは、ウブド王宮近くのプリルキサン美術館とプンゴセカンのCocoスーパーマーケット、PRAMA社はプンゴセカンエリアの専用バスターミナルが停留所となっています。
どちらも空港乗り入れは行っておりませんが、クタエリアやスミニャックエリアにバス停があります。

料金はPRAMA社の方が安いのですが、クラクラバスはそのままクタ、スミニャックエリアを巡回しますので、行き先によってどちらを使うか検討されるといいでしょう。

クラクラバスの公式サイトはこちら
PRAMA社シャトルバスの公式サイトはこちら

バリ島のシャトルバスについては以下の記事で詳細を解説しています。
シャトルバスを使って移動を考えられている方はぜひ、ご一読ください。
バリ島内の格安移動手段シャトルバス

南部エリアからウブドに安く移動したいといった場合におススメできる移動手段です。

ウブドエリア移動手段のまとめ

南部エリアとはちょっと事情が違うウブドエリアの移動手段をまとめて紹介いたしました。
ウブドエリアは地元のローカルタクシーの力が強いので、メータータクシーやオンラインタクシーの利用が難しいです。

その為、ウブドエリアで観光客が利用できる移動手段としては

  • ローカルタクシー
  • カーチャーター
  • 路線バス
  • シャトルバス

といったものになります。

ウブドに滞在し、街中のレストランやカフェ、ショップ巡りをされるのなら、徒歩で移動されるか、路線バスを使うといいでしょう。
また、テガラランやゴアガジャなど周辺の観光地巡りをされるのなら、カーチャーターやローカルタクシー利用がおススメです。

南部エリアなどに滞在し、ウブドエリアに遊びに行きたいという事でしたら、シャトルバス移動が安く移動ができおススメです。
ただし、ウブド中心部だけでなく、周辺の観光地も回りたいという事でしたら、カーチャーターが良いでしょう。

行動範囲や目的などによって、最適な移動手段は変わります。
情報を基にご検討して頂ければいいと思います。
どの方法が最適なのかよくわからないという事でしたらお問い合わせ画面より、お問い合わせいただければ、微力ながらアドバイスできると思います。

最適な方法を選んで、快適なバリ島旅行をお楽しみください。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. earth peace より:

    とりいさん!こんにちは!
    いつもYouTubeでお世話になっているearth peace です!
    @balitourtyokouさんのツイートでウプドにもゴジェック乗り場ができたとありました!
    とすると、ウブドも公式にゴジェックタクシーが使えるようになったのでしょうか?
    王宮近くのツーリストインフォメーションセンター前に停留所があるそうです!

    • とりいただし より:

      こんにちは!
      はい、ウブド市場の横、ツーリストインフォメーションセンターにGo-Jekの乗り場ができました。
      2年前のパンデミック以来、ウブドは観光客がいなくなり、ローカルタクシーやローカルのオジェックは全くいなくなったんですね。そして、仕事のなくなったドライバーたちがGo-JekやGrabに登録し始めたのです。そのため、2年前からGo-JekもGrabも使えるようになっていたんですね。
      これからまた観光客が増えたらどうなるかわかりませんが、Go-Jekは乗り場ができたという事で、村公認になったと思いますよ。

お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!