バリ島クタからウブドへの行きかた!南部エリアからの移動方法をご紹介

クタビーチ

この記事は、クタやスミニャックといったバリ島南部ビーチエリアから観光客に人気のウブドエリアへに移動方法を紹介した記事です。

日本人観光客がバリ島旅行をする場合、何かと便利なクタやスミニャックといった南部エリアに滞在し、そこから各地を観光するというのが一般的

そんな観光客が一度は訪れてみたいというのが芸術と文化の村ウブド
静かな山間の村で、伝統文化や伝統工芸品、そして最近はヨガの聖地としても人気のエリアです。

そのウブドエリアは滞在エリアである南部エリアから距離があるのが問題。
ウブドまで直線距離で約30Km,車でも1~2時間はかかるので、ちょっと気軽にといった距離ではありません。

では、ウブドまでどうやって行こうか?
どうやって行くのが一番お得なのか?
今回はこんなバリ島初心者のお悩みに、ウブド在住の筆者がウブドまでのいろいろな行き方や所要時間、料金などについて紹介します。

この記事を読んでもらえば、日本人観光客がよく滞在するクタ、スミニャックなどの南部エリアから人気のウブドエリアまでの移動方法がわかります。
移動方法もいろいろあるので、予算やスケジュールなどに合わせた方法が選べますよね。
そうすれば、お得な旅費で満足いくバリ島旅行が計画できるでしょう。

この記事ではクタなどの南部エリアからウブドの移動方法を紹介していますが、その他バリ島内の交通手段を知りたい場合は、以下の記事にまとめてありますので、ご覧ください。
バリ島おススメの交通手段

またデンパサール空港からウブドへの移動法を知りたい方は以下ページをご覧ください。
デンパサール空港からウブドへの行き方

路線バスで行く方法

従来公共バスなどなかったバリ島ですが、近年トランスメトロデワタという路線バスが運行を開始しました。
この路線バスを使ってクタからウブドへの移動方法を紹介します

注意:
路線バスですが、渋滞などにより時刻表通りに運行されないことがあります。
乗り継ぎの時間は、余裕を取って設定していますが、状況によっては乗り換えに間に合わない事もございますので、ご了承願います。

バリ島の路線バス・トランスメトロデワタの紹介

トランスメトロデワタ

トランスメトロデワタは2020年9月より運行が始まったインドネシア運輸省プロジェクトの路線バスです。
デンパサールを中心にK1~K5の5路線を運航しており、タバナンやウブドまでカバーしています。

トランスメトロデワタの乗り方や路線図については以下の記事で詳しく説明しております。
トランスメトロデワタの使い方

路線バスとして以前はトランスサルバギータを使って移動する観光客が居ましたが、現在トランスサルバギータはウブド方面には運行しておらず、ウブドに行くにはちょっと使いずらい路線となっております。

クタからウブド間のルートと所要時間

クタからウブドエリアに行く場合は、ウブンバスターミナルで路線を乗り換えます。

クタ~ウブンバスターミナル間はK1路線(Koridor1)を使い、ウブンバスターミナル~ウブド間はK4路線(Koridor4)を使います。

クタ発ウブド行き

クタからウブドまで路線バスによる移動(ウブンバスターミナル経由)
クタ発ウブンバスターミナルウブド着
始発05:0005:3006:30
この間10-15分おき
最終16:0016:3018:00
クタ発ウブド行き路線バス時刻表(2022年3月)

トランスメトロデワタには時刻表はありませんが、始発から最終まで10-15分間隔で運行しています。

ウブド発クタ行き

ウブドからクタまで路線バスによる移動(ウブンバスターミナル経由)
ウブド発ウブンバスターミナルクタ着
始発06:3008:0008:30
この間10-15分おき
最終18:0019:3020:00
クタ発ウブド行き路線バス時刻表(2022年3月)

停留所案内

クタ(セントラルパーキングクタ)

ウブンバスターミナル

ウブンバスターミナルは、トランスメトロデワタのK1,K3,K4路線のバスが集まるハブターミナルです。
同じ外観のバスばかりですので乗り間違えないように。
ターミナルの乗り場には写真のように系統番号と行き先が書かれた看板がありますので、行き先を確認してください。

ウブンバスターミナルの行き先表示板

また、バスの前後には系統番号と行き先が表示されてますので、確認しましょう。

トランスメトロデワタの行き先表示板

ウブドエリア

ウブドエリアにはいくつも停留所があります。
モンキーフォレストは終点、始点となっています。

各停留所には、写真のような看板が出ています。

バス停

料金案内

トランスメトロデワタですが、2021年3月時点でまだ無料運行しております。
いくら乗っても無料です。

ただし、バスを乗るときにマネーカードをカードリーダーにタッチさせなくてはいけません。
運賃無料と言っても、マネーカードは用意しておいた方がいいでしょう。

トランスメトロデワタの乗り方などは以下の記事を参考にしてください。
バリ島公共路線バス・トランスメトロデワタの使い方

シャトルバスで行く方法

クタ、サヌール、ウブドと言った主要エリアを結ぶシャトルバスがあります。
シャトルバスは旅行会社などが運行していますが、特にクラクラバスとPERAMAシャトルバスが旅行者には有名です。

クラクラバス

クラクラバス

クラクラバスは2022年3月現在運休中です。
こちらで紹介しているデータは2020年2月のものです。

クラクラバスとは

クラクラバスはJTBの関連会社が運行している巡回型シャトルバスです。
主に、クタ、スミニャックなどの南部エリアを巡回運行していますが、その中の何本かはウブドまで行っています。

ウブドまで行く系統は

  • クタエリア~ウブドエリア間の運行:3-C、3-Dライン
  • スミニャック~ウブドエリア間の運行:4-C、4-Dライン

路線図は以下クラクラバス公式サイトをご覧ください。
>>路線図|クラクラバス公式サイト

料金

ウブドに行く3-B,3-C,4-B,4-Cすべて片道Rp80,000(約640円)となります。

時刻表

3-Bライン時刻表(クタエリア→ウブドエリア)

クタエリアレギャンエリアウブド
行き08:30-08:4008:56-08:5810:29-10:42
帰り14:56-15:1415:22-15:2413:00
クラクラバス時刻表(2020年2月)

3-Cライン時刻表(クタエリア→ウブドエリア)

クタエリアレギャンエリアウブド
行き13:00-13:1813:20-13:2815:17-15:30
帰り18:56-19:1419:22-19:2417:00
クラクラバス時刻表(2020年2月)

4-Bライン時刻表(スミニャックエリア→ウブドエリア)

スミニャックエリアウブド
行き10:30-10:4512:28-12:41
帰り19:30-19:1917:00
クラクラバス時刻表(2020年2月)

4-Cライン時刻表(スミニャックエリア→ウブドエリア)

スミニャックエリアウブド
行き08:30-08:5910:27-10:40
帰り18:0616:00
クラクラバス時刻表(2020年2月)

バス停

クラクラバスバス停

ウブドエリア停留所

ウブドエリアはCocoスーパーマーケットとプリルキサン美術館に止まります。
ただし、Cocoスーパーマーケット停留所は降車専用で、乗車することはできません。

PERAMAシャトルバス

PRAMAシャトルバスターミナル

PERAMAシャトルバスとは

PERAMAシャトルバスはバリ島を中心にコモド島など周辺地区へのツアーを運営しているPERAMA 社のシャトルバスです。
バリ島内や海を越えてロンボク島など遠距離のシャトルバスを運行しています。

この中で、クタ~ウブド間のシャトルバスは料金も安くノンストップで移動できるため観光客に人気で1日4往復の便があります。
バス乗車は当日バスターミナルに行ってもいいのですが、満員で乗れないという事もあるので、できたら前日ターミナルで予約をしておいた方がいいでしょう。
オンライン予約もありますので、営業所まで行くのが大変な場合はこちらを使いましょう。
>>Bali Lombol Daily Shuttle Bus | Perama Tour

料金

クタ~ウブド間、片道Rp100,000(800円程度)となっております。

時刻表

クタ発ウブド行き

クタ発07:0010:0012:0013:3016:30
ウブド着08:3011:3013:3015:0018:00
PRAMAシャトルバス時刻表(2021年3月)

ウブド発クタ行き

ウブド発10:3012:0013:3015:00
クタ着11:0013:3015:0016:30
PRAMAシャトルバス時刻表(2021年3月)

バス停

クタエリアバス停

ウブドエリアバス停

プラマシャトルバスでウブドまで移動しました/I went to UBUD from Kuta by PRAMA shuttle bus
PRAMAシャトルバス体験動画

クラクラバス、PERAMAシャトルバス以外のシャトルバスについては以下の記事で詳しく説明しておりますので、ぜひご一読ください。
>>バリ島のシャトルバスについて

タクシーで行く方法

メータータクシーを使う

メータータクシー

メータータクシーとは

バリ島には、日本と同じようにメータータクシーがあり、クタ、スミニャック、サヌールなど観光エリアではすぐに拾うことができます。

バリ島内にはタクシー会社が数社ありますが、ブルーバードタクシーが人気です。

メータータクシーの呼び方・捕まえ方

メータータクシーは街中に沢山走っていますので、日本と同じように捕まえることができます。
また、宿泊しているホテルなどに依頼すればすぐに呼んでもらえます。

ウブドエリア内では規制によりメータータクシーを拾うことができませんので、ウブドから帰るときはローカルタクシーやシャトルバスなどをご利用ください。

料金と時間

タクシー料金は初乗り1KmでRp7,000(約55円)。
以降1KmごとにRp6,500(約50円)です。

クタからウブドまでだと、およそ1~1.5時間でRp300,000~Rp350,000(2,400円~2,600円)

バリ島のタクシーの使い方については以下の記事が詳しいので、ぜひ参考にしてください。
>>バリ島タクシーの使い方

Gurb Taxiを使う

Grab Taxi

Grab Taxiとは

Grab Taxiとは、スマホにダウンロードした専用のアプリで配車するオンラインタクシー。
日本では、Uberのようなタクシーになります。

配車前に運賃やドライバーの評価がわかるので、人気上昇中のタクシーです。

Grabの呼び方・捕まえ方

Grab Taxiを呼ぶには、専用アプリをスマホにダウンロードする必要があります。
そのアプリから乗車場所と降車場所を指定すると、料金とドライバーが表示され、承認してから配車となります。

以前はウブドエリア内でGrab Taxiを呼び事はできませんでしたが、2022年3月時点ではウブドエリアでも問題なくGrab Taxiを利用することができます。
ただし今後観光客が増えて行った場合、規制が入る可能性もあります。

料金と時間

料金は時間帯や行き先により変わってきます。
クタからウブドでしたら、約1~1.5時間でRp300,000~Rp350,000程度でしょう。

Grab Taxiの使い方は以下の記事に詳しくまとめてありますので、ぜひご覧ください。
>>バリ島グラブタクシー利用術

ローカルタクシーを使う

ウブドのローカルタクシー

ローカルタクシーとは

ローカルタクシーとは、地元の村などが運営している、個人タクシーの事。
いわゆる白タクで、メーターは付いていないので、運賃は乗車前にドライバーと交渉して決めます。

以前はウブドエリアはこのローカルタクシーの力が強く、メータータクシーやGrab Taxiを使う事ができませんでした。
しかしパンデミックの影響で観光客が減り、ローカルタクシーがかなり減ったことで、2022年3月現在はウブドエリアでもメータータクシーやGrab Taxiの利用が可能となっております。

ローカルタクシーの呼び方・捕まえ方

ローカルタクシーは、ウブド王宮や市場周辺といった観光客が多い場所、あるいはCocoスーパーマーケットなどで客引きをしています。
観光客を見るとTaxiというプレートを出して客引きをしますので、すぐに見つかるでしょう。

ただし、夕方6時を過ぎると帰ってしまうので、6時以降に利用したい場合は、事前に交渉して、時間とピックアップ場所を決めておきましょう。

料金と時間

ウブドからクタまでは1~1.5時間。
料金はRp350,000~Rp400,000(2,800円から3,200円)
メータータクシーやGrab Taxiより割高になります。

ローカルタクシーの使い方について別の記事で詳しく解説しております。
>>バリ島の白タク・ローカルタクシーの使い方

カーチャーターで行く方法

カーチャーター

カーチャーターとは

カーチャーターはドライバーとガイドがついたレンタカー。
行き先やコース、スケジュールなどは、お客さんのリクエストによって決まります。
ウブドに行く場合は、単純な往復移動だけではなく、ウブド周辺の観光地やレストランなど、観光旅行するほうがお得。
また、ホテルまで迎えに来てくれるので、バリ島になれていない方はカーチャーターがおススメです。

カーチャーターの予約の仕方

カーチャーターは基本的に事前予約が必要です。
インターネットで検索すれば、現地カーチャーター会社がたくさん見つかります。
日本人向けのカーチャーターなら予約も、当日のガイドもすべて日本語で対応
言葉に不安がある方は、大変心強いサービスですね。

バリ島に到着してから予約しても大丈夫ですが、GWやお盆休みなど忙しい時期は、フルブッキングで予約できないことも。
旅行前に日本から予約しておいた方が安心です。

料金や時間

カーチャーターの料金は時間制。
4時間いくらとか、8時間いくらというように、時間単位で料金が決まります。
相場としては8時間でRp500,000~800,000(4,000円から6,500円位)
クタからウブドまでは片道約1.5時間なので、移動だけではもったいないから、途中で観光やショッピングも計画に入れたほうがいいですね。

カーチャーターの利用方法や選び方については、以下の記事をご覧ください。
>>バリ島カーチャーター失敗しない選び方

クタからウブドに行く方法まとめ

日本人観光客の多くが滞在するクタ、スミニャックなどの南部エリアから人気のウブドへ行く方法をご紹介しました。
簡単に行く方法を上げると以下の4つになります。

  • 路線バスを使う
  • シャトルバスを使う
  • タクシーを使う
  • カーチャーターを使う

初めてバリ島旅行をされる方や、海外旅行に慣れていない方は、カーチャーターが一番おススメです。
カーチャーターなら、ホテルからウブドへドアツードアで移動できますし、帰りの心配もありません。
なにより日本語ガイドが付くので、安心してウブド観光が楽しめるでしょう。

バリ島や海外旅行に慣れている方なら、タクシーもいいかと思います。
ただし、タクシードライバーは日本語ができませんので、自分たちで行き先などをしっかりと指示できる方でないとトラブル可能性が大きいです。

路線バスやシャトルバスは料金が大変安いのですが、止まる場所が決まっているので、そこからどうやって観光をするかを考える必要があります。
特に路線バスは移動に時間がかかりますので、日程に余裕がない場合は利用は厳しいでしょう。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 藤村珠 より:

    更に詳しく、ありがとうございます!(^^)!
    こちらをコピーしようと思います。

お問い合わせなどはこちら!
お問い合わせなどはこちら!